サイト内
ウェブ

2週間天気 13日まで初夏の陽気 14日から15日は台風や前線の影響で広く雨

  • 2022年4月11日
  • tenki.jp

12日(火)と13日(水)も初夏の陽気となる所が多いでしょう。ただ、14日(木)と15日(金)は一転、前線や台風1号の影響を受けて、広い範囲で雨が降る見込みです。季節先取りの暑さは落ち着くでしょう。

1週目の天気

あす12日(火)は九州の雨も次第に止んで、晴れる所が多いでしょう。ただ、北海道には前線が南下するため、夕方以降は所々で雨が降りそうです。最高気温は平年を大きく上回り、初夏の陽気が続くでしょう。
13日(水)は、北海道は雨が降りますが、東北から九州、沖縄は大体晴れそうです。ただ、前線が日本海から東・西日本付近へ南下するため、九州を中心に、次第に雨雲がかかるでしょう。最高気温は13日(水)頃までは平年を大幅に上回る所が多いでしょう。
一転して、14日(木)以降は、曇りや雨の日が多くなり、気温は平年を下回る所が多くなりそうです。東京の最高気温は20℃どころか、15℃にも届かない日もあり、半袖の陽気から一転して、長袖や上着が必要になるでしょう。

台風1号の動向は?

画像B

11日現在、フィリピンの東には台風1号があって、発達しながら北上しています。あさって13日(水)には非常に強い勢力となりそうです。日本付近には、台風周辺から暖かく湿った空気が流れ込み、日本付近にある前線の活動が活発になる見込みです。14日(木)から15日(金)にかけて、東北から九州は広く雨が降るでしょう。15日(金)には台風1号は小笠原近海に達する見込みです。小笠原諸島では、大雨や大荒れ、大しけなど、大きく影響を受ける可能性があります。まだ進路の予想には幅がありますが、予想円の西よりを進むと、本州の太平洋側でも影響を受けるおそれがありますので、今後の動向に注意が必要です。
16日(土)と17日(日)は再び晴れる所が多いですが、18日(月)は、北海道で天気が崩れそうです。

2週目の天気

画像C

19日(火)は、北海道から九州にかけての広い範囲で晴れるでしょう。20日(水)以降も北海道から関東は晴れる日が多くなりそうです。ただ、西日本や沖縄は雲が多いでしょう。24日(日)は全国的に雨が降る見込みです。
最高気温は、平年並みか高い日が多く、特に23日(土)頃は、関東から九州では再び25度くらいの汗ばむ暑さになりそうです。最低気温も平年を大幅に上回る所が多く、夜も過ごしやすいでしょう。
1週目から2週目にかけて、気温の変動が大きくなりますので、体調を崩さないようにご注意ください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp