サイト内
ウェブ

「花粉情報」スギに加えてヒノキ花粉も 4月に入ってもまだ「非常に多い」飛散

  • 2022年3月30日
  • tenki.jp

きょう30日は、九州から東北はスギ花粉が広く飛ぶでしょう。加えて九州から関東ではヒノキ花粉も飛散する予想です。しっかりとした対策を。4月に入っても九州や東海、関東、北陸、東北では「非常に多く」飛ぶ日が多いでしょう。

きょう30日の花粉の飛散は?

画像A

きょう30日は、九州から東北は広くスギ花粉が飛ぶでしょう。加えて、九州ではヒノキ花粉が大量に飛散する予想です。マスクだけでなく、メガネをかけるなど万全な対策が必要です。
中国、四国から関東にかけても広くヒノキ花粉が飛ぶでしょう。北陸の一部でもヒノキ花粉が飛散しそうです。スギ・ヒノキの花粉の飛散量は「多い」「やや多い」所が多く、花粉症の方は対策をすると安心です。

まだ「非常に多く」飛ぶ

画像B

画像C

九州ではヒノキ花粉がピークを迎えていますが、中国地方から関東もこれからヒノキ花粉がピークとなるでしょう。
31日(木)は雨が降る九州から近畿では花粉の飛散は抑えられますが、4月1日(金)以降は飛散が増えて、九州や東海では「非常に多い」飛散となる予想です。関東は31日(木)以降、連日「非常に多い」でしょう。
北陸や東北も「非常に多く」飛ぶ日が多くなりそうです。花粉症の方は、まだしばらく万全な対策が必要です。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp