サイト内
ウェブ

富山 富山県魚津市で春型蜃気楼の第1号出現

  • 2022年3月26日
  • tenki.jp

26日(土)の7時過ぎ、富山湾の魚津沖で春型蜃気楼の第1号が出現しました。画像は7時過ぎのもので、魚津市埋没林博物館からの新湊大橋の様子です。新湊大橋の橋の角度が変化しています。魚津埋没林博物館HP(外部リンク)から、過去の出現記録やライブカメラの映像をご覧頂くことができます。

富山湾で令和4年の春型蜃気楼の第1号が出現

画像A

きょう午前7時から10分ほどの間、富山市方面、射水市方面に風景のわずかな反転が観測され、今シーズン初めての春型蜃気楼の出現となりました。発生規模は最も小さいランクのEランクでした。
きょうの富山県は、南から暖かい空気が入り、神通川沿いなどで南寄りの風が強まりました。一方、魚津市の周辺は朝までは風がそれほど強まっておらず、富山湾の海面付近にある冷たい空気層に神通川沿いを吹き降りる暖かい南風が上に乗り、空気の温度差が生じて蜃気楼が出現したと考えられます。
蜃気楼とは、大気中の温度差(=密度差)によって光が屈折を起こし、遠方の風景などが伸びてバーコード状になったり反転して虚像が現れる現象のことで、上位蜃気楼と下位蜃気楼の2種類があります。
この時期の蜃気楼は上位蜃気楼で、実際の景色より上側に虚像が出現します。富山では、通常「蜃気楼」といえば上位蜃気楼をさし、「春型の蜃気楼」とも呼ばれます。
富山湾で出現しやすい条件は、
①晴れて気温が上がる ②朝と日中の気温差が大きい ③日中は北よりの微風となる ④移動性の高気圧が日本の東の海上に中心を移し、天気が次第に下り坂となるステージである等が挙げられます。ただ、必ずしもこれらの条件にあてはまらなくても出現するケースはあります。
今回は南風の強まるタイミングのずれで生じた条件での出現で、例外的に出現するパターンであったと言えます。

▼魚津埋没林博物館HP(外部リンク)
https://www.city.uozu.toyama.jp/nekkolnd/live/index.html

このあとは暴風警戒・橋の上では車両の横転に注意・警戒を

画像B

現在は魚津市の周辺でも南寄りの風が強まり始めています。このあと、夕方にかけて暴風に警戒して下さい。富山県で予想されている風の強さは陸上で最大風速20m/s、最大瞬間風速35m/sが予想されます。これは、立っていることがやっとなほどで、看板などが飛んでくることも有ります。屋外にいる方は、屋内の安全な場所に移動するなどの対策を行って下さい。車で走行する場合は、道路情報も参考に、橋の上やトンネルの出入口付近など、ハンドルをとられないように注意しましょう。風は地形の影響をうけやすく、局地的瞬間的には、観測地点の実況を大きく上回る暴風が吹くこともあります。特に富山県は河川が南北に流れており、橋の上では強い横風を受けることとなります。大型車両など車高の高い車両は横転に注意・警戒して下さい。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp