サイト内
ウェブ

関東の雪 最新情報 今夜はじめ頃にかけて雪や雨の所も

  • 2022年3月22日
  • tenki.jp

22日(火)の関東は、広い範囲で雪や雨が降り、この時間もまだ雪雲や雨雲がかかっています。今夜はじめ頃にかけては、雪や雨の所があるでしょう。今夜にかけての最新の雪の見通しと注意点をまとめました。

今夜はじめ頃にかけて雪や雨の所も

画像A

22日(火)は、関東の東に低気圧があり、上空から寒気が流れ込んでいます。
北東から湿った風が吹きつけ、関東は広い範囲で雪や雨が降りました。この時間もまだ所々に雪雲や雨雲がかかっています。
午後4時現在の積雪は、水戸市、富士河口湖町で3センチ、つくば市で1センチ、その他、東京多摩西部の多い所で約8センチとなっています。
大雪のピークは過ぎつつありますが、北部の山沿いや関東南部の内陸部では雪の積もっている所があります。
22日(火)夜のはじめ頃にかけては、雪や雨の降る所があるでしょう。
午後9時以降になると、千葉県や茨城県も含めてほとんどの所で雪や雨はやむ見込みです。
〇22日(火)18時〜23日(水)18時までに予想される24時間降雪量(いずれも多い所で)
関東地方北部 2センチ
関東地方南部の平野部 1センチ
峠越えの車の運転はノーマルタイヤの走行は控えるようにしてください。冬用タイヤの装備されている車も路面が滑りやすくなっている所がありますので、慎重に運転をしてください。

すでに停電の発生している所も できる限りの節電を

画像B

今月16日(水)の福島県沖の地震の影響で、東北、東京エリアの火力発電所が一部停止している中、22日(火)は気温が下がり、電力の需要が増える見通しです。
東京電力によりますと、22日(火)の需要電力のピークは、これから夜にかけてで、電力の需給が非常に厳しくなると予想されています。
エアコン暖房の使用時、節電の効果を高める方法をまとめました。
①20度を目安に
エアコンは20度を目安に温度設定を心がけてください。暖かい空気は高い所へ上昇するため、エアコンの羽は下向きにしましょう。
部屋全体を効率良く暖めることができます。
②扇風機などで循環
サーキュレーターや扇風機などで、暖かい空気を循環させると、部屋全体が暖まりやすくなります。
③湿度を高める
湿度が40パーセントから60パーセントになるよう、加湿器などを使用して湿度を高め、体感温度を上げるようにしましょう。

午後4時半頃の東京電力の情報によりますと、千葉県で停電の発生している所があります。
懐中電灯や食品、水の確保、携帯電話は省エネモードにして、モバイルバッテリーを充電しておくなど、停電の備えを行い、できる限り節電を心がけましょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp