サイト内
ウェブ

あす6日は冬型の気圧配置 南風から一転 冷たい風に 日本海側はふぶく所も

  • 2022年3月5日
  • tenki.jp

あす6日(日)は冬型の気圧配置に。暖かな南風が一転して、全国的に冷たい西または北よりの風が吹きつけそう。北陸や東北、北海道は雪でふぶく所も。交通への影響に警戒が必要。

6日 冬型の気圧配置 風強く

画像A

あす6日(日)は西高東低の冬型の気圧配置に変わり、全国的に風の強い状態が続きます。きょう5日(土)の暖かな南よりの風が一転して、あす6日(日)は冷たい西または北よりの風が吹きつけるでしょう。また真冬の頃に流れ込むような強い寒気の影響で、日本海側は雪の範囲が広がり、大雪になる所もありそうです。
あす6日(日)は、北海道は日本海側とオホーツク海側を中心に雪で、ふぶくでしょう。東北は日本海側を中心に雪、北陸は広く雪や雨が降り、雷を伴って強く降る所もありそうです。山沿いを中心に、急に積雪が増えるおそれがあります。関東甲信と東海の山沿いは雪が降りやすく、大雪になる所があるでしょう。

予想される風・波・降雪量

画像B

【風の予想】6日
最大風速(最大瞬間風速)
北海道日本海側とオホーツク海側 陸上 20メートル(35メートル)
北海道日本海側とオホーツク海側 海上 20メートル(30メートル)
北海道太平洋側 陸上 16メートル(30メートル)
北海道太平洋側と東北日本海側 海上 18メートル(30メートル)
東北日本海側 陸上 17メートル(30メートル)
【波の予想】6日
北海道日本海側と太平洋側 5メートル
北海道オホーツク海側 4メートル
東北日本海側、新潟県 6メートル
富山県 3メートル うねりを伴う
石川県 5メートル うねりを伴う
福井県 4メートル
【予想降雪量(多い所)】5日午後6時〜6日午後6時まで
北海道 25センチ
関東北部 30センチ
長野県 35センチ
暴風雪や高波に警戒が必要です。北海道では、ふぶきや吹きだまりによる交通の乱れに、また湿った重たい雪になるため、電線などへの着雪にも注意してください。

晴れる所も 風冷え

画像C

北海道と本州の太平洋側、四国、九州、沖縄は広く晴れますが、風冷えとなるでしょう。
最高気温は、九州から東海では10℃前後の所が多い予想です。名古屋は10℃に届かず、マフラーや手袋など、寒さ対策が欠かせません。関東は平年並みですが、冷たい風が吹いて体が冷えそうです。屋外で長く過ごされる場合は、風を通しにくいアウターを選ぶと良いでしょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp