サイト内
ウェブ

2週間天気 週末は日本海側で荒天 花粉飛散はピーク 本格的な春も近づく

  • 2022年3月3日
  • tenki.jp

5日から6日にかけて低気圧が発達し、北海道と東北の日本海側、北陸は荒天に。交通機関への影響に注意が必要です。2週目は、一気に本格的な春の暖かさに。桜の開花も待ち遠しい所ですが、関東などでは花粉の飛散がピークに。対策を万全にしてお過ごしください。

4日〜10日の天気

この先、5日から6日頃にかけて、北海道や東北の日本海側、北陸を中心に荒天に注意が必要です。関東から九州の太平洋側は、晴れる日が続く見込みです。
あす4日は高気圧に覆われますが、次第に西から低気圧や前線が近づくでしょう。沖縄や西日本は天気が下り坂で、次第に雨の降る所がありそうです。5⽇は低気圧が発達しながら北海道付近に進むでしょう。6日は低気圧がオホーツク海でさらに発達し、冬型の気圧配置が強まる見込みです。北海道と東北の日本海側や北陸を中心に荒れた天気になりそうです。
5日は東北や北陸は日中は雨の所が多いですが、夜は次第に寒気が流れ込み、雪に変わるでしょう。6日は広く雪が降り、風が強まってふぶいたり、雪の降り方が強まったりと荒れた天気になりそうです。低気圧の発達具合によっては大荒れの天気になることもあるでしょう。交通機関が乱れる可能性もありますのでご注意ください。

全国的に晴れる日も なだれや屋根からの落雪に注意

7⽇には次第に冬型の気圧配置が緩み、西からは高気圧に覆われる見込みです。8⽇と9⽇は広く⾼気圧に覆われて、北海道や東北の日本海側や北陸も含め、全国的に晴れるでしょう。
最高気温、最低気温ともに平年並みか高く、この週末に積雪がさらに増える所も、雪どけが進みそうです。屋根からの落雪、傾斜地でのなだれ、除雪作業中の事故などにお気をつけください。雪下ろしなど作業をされる際は、二人以上で、声を掛け合って行うようにしてください。

11日〜16日の天気

画像C

11日以降は北海道や東北、北陸では、雪に変わって雨の降る日が多くなるでしょう。さらに雪どけが進みますので、引き続き、なだれなどに注意が必要です。太平洋側は晴れの天気は長くは続かず、短い周期で天気が変わりそうです。13日から15日にかけては、全国的に天気が崩れ、東北から九州はまとまった雨が降るでしょう。北海道では再び雪が降りそうです。
最高気温は、全国的に平年並みか高くなり、関東から九州は20度を超える日もあるでしょう。この暖かさで桜のつぼみも一気に膨らみ、本格的な春にグッと近づきそうです。ただ、関東なども花粉の飛散のピークを迎えますので、一層の花粉対策が必要です。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp