サイト内
ウェブ

2日の花粉情報 花粉飛散が本格化 四国など「多い」所も

  • 2022年3月2日
  • tenki.jp

花粉の飛散も西日本を中心に本格化。きょう2日は、気温が急上昇する四国では「多く」なりそうです。九州や関東は「やや多い」でしょう。花粉対策を万全にしてお過ごしください。

花粉の飛散量「多い」所も

画像A

3月に入り、九州から関東は花粉の飛散が本格化する時期です。
特に、きょう2日は、四国などでは、雨上がりで、かつ、気温が急上昇するため、高知の花粉の飛散量は「多く」なりそうです。万全な花粉症対策が必要です。福岡や鹿児島、東京は「やや多く」なるでしょう。広島、大阪、名古屋、石川、新潟は「少ない」見込みですが、わずかな花粉にも油断はできません。マスクはもちろん、家から帰ったら、服についた花粉を払い落とすなど、対策をしっかりしてお過ごしください。

スギ花粉の飛散がピークに

画像B

スギ花粉飛散のピークは、福岡は2月下旬から3月上旬、高松や広島、大阪、名古屋では3月上旬から中旬の予想です。金沢や仙台は3月上旬から下旬、東京では3月中旬から下旬となるでしょう。ピークの開始が例年よりやや遅くなるところがある見込みです。
スギ花粉のピークが終わる頃になると、ヒノキ花粉が飛び始め、その後ピークが始まります。福岡や高松では3月下旬から4月上旬、広島では4月上旬の見込みです。大阪や名古屋、東京では4月上旬から中旬にヒノキ花粉の飛散のピークとなり、時期はほぼ例年並みでしょう。金沢と仙台は、4月を中心にヒノキ花粉が飛散しますが、飛散量は他の地点と比べると少ないため、はっきりとしたピークはない見込みです。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp