サイト内
ウェブ

北陸 23日朝まで平地でも大雪 JPCZによる短時間の強い雪に警戒

  • 2022年2月22日
  • tenki.jp

日本海寒帯気団収束帯(JPCZ)が北陸地方を指向し、昨夜から平地でも大雪となっています。JPCZは23日朝まで北陸地方に停滞し、平地でも大雪や短時間の強い雪に警戒して下さい。

JPCZが北陸を指向 平地でも大雪に

画像A

北陸地方は昨夜から今朝にかけて、大雪となった所がありました。石川県の金沢で22日6時までの6時間に20センチの降雪が観測され、「顕著な大雪に関する気象情報」も発表されました。また、富山県の朝日でも10時までの12時間降雪量が34センチに達しています。
これは、日本海寒帯気団収束帯(JPCZ)やJPCZ上の小低気圧に伴う強い雪雲が北陸地方の石川県や富山県を中心に流れ込んだためです。このあと、あすの朝にかけてJPCZが北陸付近に停滞し、平地でも短時間の強い雪に警戒が必要です。

JPCZは富山県から新潟県上越に停滞か

画像B

現段階では今夜(22日)夜から23日朝にかけて、JPCZが富山県から新潟県の上越付近に停滞すると予想され、富山県と新潟県の上越では平地でも短時間の強い雪が断続し、総降雪量が多くなるおそれがあります。積雪の急増による交通障害に警戒が必要です。金沢など石川県の平地でもJPCZの動き次第では一時的に降雪の強まるおそれがあります。
止むを得ず車でお出かけの場合は、冬用タイヤでもチェーンを携行し、立ち往生に備えて、厚手の上着やカイロ・ひざ掛けなど、寒さ対策を行ってください。
なお、23日日中以降は山雪型に変わり、平地の降雪のピークは過ぎますが、上空に強い寒気が停滞するため、降雪が続くでしょう。積雪の急増こそないものの、路面への積雪や凍結に注意が必要です。
※JPCZによる大雪は局地性の強い現象です。常に最新の気象情報をご確認下さい。

画像C

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp