サイト内
ウェブ

17日木曜夜〜18日金曜 日本海側中心に大雪への警戒が続く 急に積雪増加のおそれ

  • 2022年2月17日
  • tenki.jp

17日木曜夜〜18日金曜も、西日本〜東日本の日本海側を中心に、大雪が続くおそれがあります。西日本の日本海側では17日木曜夜遅くにかけて、東日本日本海側では18日金曜にかけて、大雪による交通機関への影響に警戒が必要です。

17日木曜夜〜18日金曜も 寒気の影響が続く

画像A

17日木曜の日中は、日本海をゆっくり進んだ低気圧や、上空の寒気の影響で、日本海側を中心に大雪になりました。18日金曜にかけても、東北や北陸付近の上空約5000メートルには、氷点下39℃以下の「強い寒気」が流れ込むでしょう。
そのため、17日木曜夜〜18日金曜も、西日本〜東日本の日本海側を中心に雪が続いて、大雪となる所がありそうです。
【24時間予想降雪量】17日木曜18時〜18日金曜18時(いずれも多い所)
東北(日本海側南部 山沿い) 70センチ
関東甲信(群馬県北部 山地)・北陸(新潟県 山沿い) 60センチ
近畿(北部 山地) 50センチ
東海(岐阜県 山地) 40センチ
また、雪雲が予想より発達した場合は「警報級」の大雪になるおそれもあります。
暗くて外の様子が見えにくい時間に、積雪が一気に増えますので、大雪や路面の凍結による交通への影響に、警戒が必要です。湿った重い雪が積もるので、雪の重みで電線が切れてしまったり、樹木が倒れてしまったりするおそれもあります。雪崩や屋根から落ちる雪にも、ご注意ください。
なお、中国地方では、大雪のピークは過ぎましたが、鳥取県大山町大山では、17日木曜16時現在の積雪が214センチなど、すでにかなりの大雪になっています。18日金曜朝にかけて、強い冷え込みが予想されるため、引き続き積雪や路面の凍結による、交通への影響が心配されます。各地の道路への影響は、tenki.jpの「道路の気象影響予測」も参考にしてください。

雪道運転 万が一に備えての安心グッズ

画像B

雪道運転をする場合、立ち往生など万が一に備えて、次のものを用意しておくと安心です。
(1)防寒着やカイロ、毛布など暖をとるもの
暖房がとまってしまった際の車内温度の低下に備えましょう。
(2)飲料水や非常食、モバイルバッテリー、簡易トイレ、懐中電灯
長時間、車内で過ごすことや夜間のトラブルを想定して準備しておきましょう。
(3)ブースターケーブル、 牽引ロープ、タイヤチェーン
バッテリー上がりの際に使用するブースターケーブルや発進不能になったときの脱出に役立つ牽引ロープもあると良いでしょう。スタッドレスタイヤだけでは対処しきれないほどの積雪にも対処するため、タイヤチェーンもあると役立ちます。
(4)軍手、ゴム手袋、長靴、スコップ
除雪ができるものを準備しておきましょう。マフラーが雪に埋まると排気ガスが車内に逆流し、一酸化炭素中毒を起こすおそれがあります。
雪道を運転する際は、もしものときに役立つグッズをクルマに積んでおくようにしてください。加えて、出かける前に燃料が十分にあることを確認しましょう。ただし、気象情報や交通情報を確認し、大雪や猛吹雪が予想される場合は、外出の予定を変更したり、移動手段を変更したりすることも検討してください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp