サイト内
ウェブ

こんやにかけて北陸や近畿、中国地方はさらに積雪増加 平地でも大雪に警戒を

  • 2022年2月17日
  • tenki.jp

きょう17日(木)夜にかけて、北陸や近畿、中国地方では、山沿いだけでなく平地でも大雪に警戒が必要。強い風や雷を伴って、局地的に雪の降り方が強まり、短い時間に積雪が急増する恐れも。鉄道や道路など交通への影響に警戒し、電線や樹木への着雪や、ビニールハウスなど農業施設の倒壊にも注意を。

きのう16日(木)から雪が続き、積雪増加

画像A

北陸や近畿、中国地方では、きのう16日(水)から断続的に雪が降っていて、山沿いを中心に積雪が増えています。きょう17日(木)午前7時までの12時間降雪量は、兵庫県香美町兎和野高原(うわのこうげん)で40センチ、新潟県長岡市で36センチ、福井県大野市で31センチ、鳥取市で21センチなどとなっています。
けさ(17日)も、日本海側では広い範囲で雪が降っていて、きょう17日(木)午前7時現在、北陸や近畿、中国地方では大雪警報の発表されている地域があります。
大雪による交通への影響に警戒してください。また湿った重たい雪がビニールハウスなどの農業施設に降り積もって倒壊する恐れがあります。電線や樹木への着雪にも注意してください。

こんやにかけて平地でも大雪の恐れ

画像B

きょう17日(木)は、発達した低気圧が日本海にあって、ほとんど停滞しています。低気圧は夜にかけて北陸から東北南部に進む見込みですが、強い寒気の流れ込みが続くでしょう。
こんや(17日)にかけても、北陸や近畿、中国地方では雪が降り続き、局地的に降り方が強まるでしょう。低気圧の動きが遅いため、同じ場所に雪雲が流れ込み続けると、短い時間で一気に積雪が増えて、大雪となる可能性があります。
あす18日(金)6時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、
(北陸)
新潟県 山沿い60センチ 平地40センチ
富山県 山間部60センチ 平地40センチ
石川県 山地50センチ  平地15センチ
福井県 山地50センチ  平地20センチ
(近畿)
近畿北部 山地60センチ 平地50センチ
近畿中部 山地40センチ 平地20センチ
近畿南部 山地7センチ
(中国地方)
山陽 山地30センチ 平地20センチ
山陰 山地50センチ 平地40センチ の見込みです。

風雪・大雪・低温に伴うリスク

画像C

風が強まるため、ふぶいて見通しの悪くなる所もありそうです。また、各地で厳しい寒さが続くでしょう。風雪や大雪、低温によって以下のようなリスクがあります。
① 停電(倒木や雪の重みで電線が切れることで発生する恐れがあります。)
停電に備えて、懐中電灯や防寒着、毛布などを準備しておくと良いでしょう。
また、電源を確保するため、モバイルバッテリーも用意しておくと安心です。
② 水道凍結(最低気温がマイナス4℃以下になる時や真冬日が続いた時に凍結する可能性があります。)
事前に、水道菅の中から、水を抜いておきましょう。また、屋外で、むき出しになっている水道管やメーターは、発砲スチロールなどの保温材を使って、専用テープでしっかりと巻き、保温しておいてください。
③ 商品の品薄(交通網マヒによる物流遅延により発生する可能性があります。)
事前に食料品は少し多めに買い、暖房用の燃料も少し多めに確保すると安心です。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp