サイト内
ウェブ

今夜〜あす17日 強い寒気 日本海側は大雪やふぶき 東海以西の太平洋側にも雪雲

  • 2022年2月16日
  • tenki.jp

今夜からあす17日にかけて、雪の範囲がさらに広がる。日本海側は雪の降り方が強まる。風も強く、ふぶく所も。東海以西の太平洋側も積雪や路面凍結に要注意。

雪の範囲が広がる 短時間で積雪が急増する所も

きょう16日は大陸方面から寒気が流れ込んできており、雪の範囲が徐々に拡大。特に、福井と岐阜の県境付近では断続的に雪が強まっています。また、午後5時現在、福井市と富山市で7センチの積雪を観測するなど、ここしばらく雪どけが進んでいた北陸の平地も再び雪が積もってきました。
今夜からあす17日にかけて、日本付近はさらに強い寒気に覆われるでしょう。平地で雪の目安となる寒気(上空1500m付近でマイナス6℃以下)が九州南部まで南下。大雪の目安となる強い寒気(上空1500m付近でマイナス12℃以下)が、中国地方や近畿をはじめ西日本の広い範囲と北陸の一部に流れ込む予想です。
本州の日本海側は広く雪で、降り方の強まることも。風も強く、ふぶいて見通しの悪くなる所もあるでしょう。
中でも、福井県を中心とした北陸や近畿北部は、山沿いに限らず平地でも短い時間で積雪が急増するおそれがあります。岐阜県も大雪に警戒が必要です。
愛知県や三重県、近畿南部・中部、山陽、四国、九州北部も所々で雪。平地でも雪の積もる所や路面の凍結する所がありそうです。
大雪や強風、路面凍結などにより交通が乱れることを考慮して、時間に余裕を持った行動を心掛けて下さい。

予想降雪量

あす17日午後6時までの24時間の降雪量は、いずれも多い所で
東海(岐阜):80センチ
北陸・近畿(北部)・中国地方:70センチ
東北:40センチ
の予想です。
その後、あさって18日午後6時までの24時間の降雪量は、いずれも多い所で
関東甲信(山沿い)・東海(岐阜)・北陸:40〜60センチ
近畿:30〜50センチ
の予想です。

画像C

積雪急増のおそれのある北陸や近畿北部、岐阜県を中心に、道路への影響が大きくなることが想定されます。車での長距離の移動は可能な限り控えたいところですが、やむを得ない場合、燃料を満タンにし、スコップや長靴、暖をとるものを積んでおくなど、いざという時への備えを万全になさってください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp