サイト内
ウェブ

春一番は荒天の前触れ 16日〜17日 日本海側は大雪に警戒 福岡も雪 各地で厳寒

  • 2022年2月15日
  • tenki.jp

きょう15日は、北陸地方で「春一番」が吹きました。春一番が吹くときは、日本海で低気圧が発達、荒れた天気をもたらすため注意が必要。あす16日〜17日は日本海側は広く雪で、山沿いを中心に警報級の大雪のおそれも。福岡や熊本も雪で厳寒となりそうです。

16日 北陸中心に暴風雪に警戒

画像A

きょう15日は、寒気を伴った低気圧が日本海をゆっくり東進。北陸地方では南風が強まり「春一番」が吹きました。春一番というと、春の息吹を感じる明るい印象がありますが、実際は大荒れの天気となるため注意が必要です。
あす16日は、西回りで強い寒気が流れ込みます。地上付近で雪が降る目安の寒気(上空1500メートル付近でマイナス6℃以下)は、本州付近をすっぽりと覆い、大雪の目安の寒気(上空1500メートルでマイナス12℃以下)が西日本に流れ込みます。日本海側は広く雪で、福岡や熊本でも雪が降り、近畿や東海など太平洋側にも雪雲の流れ込む所があるでしょう。最高気温は、東海〜九州で7℃前後と厳しい寒さになりそうです。
寒気を伴った低気圧は動きが遅く、北陸を中心に雪雲が同じ所に流れ込む見込みです。局地的に降雪が強まり、短時間に積雪が増える恐れがあるため注意が必要です。石川県、福井県、富山県では16日〜17日にかけて、新潟県では17日〜18日にかけて警報級の大雪になる可能性があります。
風は16日〜17日は海上を中心に西よりの風が雪を伴い強く吹き、17日の午後は北風に変わり強まる見込みです。暴風雪や高波に警戒が必要です。

17日 一気に1m超えの大雪のおそれ

画像B

日本海の動きの遅い低気圧は、17日には東北〜北陸付近に進み、次第に冬型の気圧配置が強まります。寒気は上空(5000メートル付近)、下層(1500メートル付近)ともに強く、東日本の上空約5000メートルには氷点下39度以下の強い寒気が流れ込む見込みです。
日本海側は断続的に雪で、北陸や岐阜県の山地を中心に雪が強まるでしょう。一気に1メートル超えの雪が降る所もありそうです。落雷や竜巻などの突風にも注意。西日本の日本海側も山地を中心に大雪に注意が必要です。
あす16日18時までの24時間に予想される降雪量は、多い所で、北陸地方と東海地方(岐阜県の山地)60センチ、近畿地方(北部の山地)40センチの見込みです。
その後、17日18時までの24時間に予想される降雪量は、多い所で、東海地方(岐阜県の山地)70〜90センチ、北陸地方60〜80センチ、近畿地方(北部の山地)50〜70センチ、中国地方(山陰の山地)40〜60センチの見込みです。

立ち往生のリスク高まる

画像C

16日〜17日は、北陸を中心に一気に積雪が増加し、立ち往生のリスクが高まります。不要・不急の外出はさけ、やむを得ず雪道運転をされる場合は、万が一への備えを万全にしましょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp