サイト内
ウェブ

中国地方 南岸低気圧 木曜朝は雪? 今週は寒さ和らぎ「なだれ」「スギ花粉」に注意

  • 2022年2月7日
  • tenki.jp

中国地方は10日(木)朝、南岸低気圧の影響で瀬戸内でも雪が降る可能性があります。ただ、今週の中国地方は強い寒波の襲来はなく、厳しい寒さが和らぐでしょう。屋根からの「落雪」や山地で「なだれ」、「スギ花粉」飛散に注意が必要です。

10日(木)朝は瀬戸内でも雪の可能性あり

画像A

10日(木)は本州の南岸沿いを前線を伴った低気圧が東進する見込みです。中国地方に低気圧や前線に伴う雨雲が広がった場合、山陽でも雨ではなく、雪になる可能性があります。10日(木)の朝は、普段あまり雪の降らない瀬戸内で、雪が降っている可能性があるため、予想外の雪で慌てないよう、時間に余裕をもって通勤や通学ができるように準備をしておいてください。

7日9時までの積雪状況

画像B

きょう7日の中国地方は、雪がほぼ止み、冷たい季節風も弱まってきました。先週4日(金)からの寒波襲来で、山陰や中国山地沿いを中心に雪が降り、積雪が増えています。鳥取県の大山では積雪が2メートルを超え、鳥取市では30センチとなっています。
今週の中国地方は寒さが和らぐ見込みで、屋根からの「落雪」や「なだれ」に注意が必要です。

スギ花粉の飛散 万全な対策を

画像C

寒さが和らぐと、気になるのが花粉の飛散です。今週は少ないながらもスギ花粉の飛ぶところがあるでしょう。外出の際は、帽子やマスク、メガネなどを使って対策をしておいてください。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp