サイト内
ウェブ

きょう13日 北陸「都市型大雪」の恐れ 北日本は連日の台風並み暴風に警戒を!

  • 2022年1月13日
  • tenki.jp

きょう13日(木)は、強い冬型の気圧配置の影響で、北日本から西日本の日本海側を中心に強い雪が予想されます。特に北陸周辺では活発な雪雲がかかり、市街地でも大雪の恐れがあります。加えて、台風並みの暴風が吹き荒れるため、猛ふぶきになる所がありそうです。猛ふぶきや大雪による交通障害、暴風や高波に警戒してください。

天気図に示された大雪のサイン 市街地で大雪降らせる里雪型

画像A

きょう13日(木)は、強い冬型の気圧配置の影響で、北日本から西日本の日本海側を中心に強い雪が予想されます。その中で、特に警戒を要するのが北陸周辺です。予想天気図をご覧ください。西高東低のいわゆる冬型の気圧配置で、北日本で等圧線が込み合ってるのは、前日を大きく変わりません。注目すべきなのが、日本海にある西に湾曲した部分(点線囲み)です。この部分は風がぶつかり合うことで(JPCZ)低気圧が潜在しています。上空には寒気の塊を持っていて、海上で雪雲を発達させます。それらの雪雲が陸地に届くや否や「市街地」にドカ雪を降らせる“里雪型"と言われるタイプのものです。この湾曲した部分がきょう(13日)の午後、北陸周辺にかかり、市街地でも大雪の恐れがあります。あす朝までに予想される降雪量はいずれも多いところで北陸80センチ、関東甲信、東海、近畿、中国60センチ、北海道、東北50センチなどとなっています。さらにその後も雪は降り続き、日本海側を中心に50センチ前後の降雪が予想されます。

台風並みの暴風&猛ふぶきに警戒

一方、等圧線がかなり込み合っている東北や北海道では雪に加えて台風をしのぐほどの暴風が吹き荒れるおそれがあります。既に北海道えりも岬では、午前5時18分に38.3m/sの最大瞬間風速を観測しています。あす(14日)にかけて予想される最大瞬間風速は北海道や近畿で35m/s、北陸30m/sなどとなっています。見通しがきかない猛ふぶき「ホワイトアウト」になる恐れがあります。ホワイトアウトとは、吹雪や大雪により視界が奪われ、一瞬にして方向感覚を失うことから「白い闇」とも言われます。不要不急の外出は避け、安全な場所で過ごすようにしましょう。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp