サイト内
ウェブ

きょうも日本海側が暑い 35度超え続々

  • 2018年7月30日
  • tenki.jp

きょう30日も、日本海側では午前中から気温がグングン上昇しています。石川県かほく市は正午までに37度7分まで上がっています。

日本海側 午前中から37度以上も

きょう30日も、日本海側では山越えの暖かい風が吹いている影響で、午前中から気温がグングン上昇しています。正午までの最高気温は、石川県かほく市が37度7分と、7月の1位の記録を更新しました。金沢は36度5分と、今年一番の暑さとなっています。そのほか正午までに35度を超えた所は、秋田市、新潟市、福井市、鳥取市、松江市など、日本海側の地点が多くなっています。また、北海道ではオホーツク海側を中心に気温が上がっており、網走地方の佐呂間町では正午までに35度0分と、2日連続の猛暑日です。

日本海側の広範囲に高温注意報

北海道から中国地方にかけては日本海側を中心に高温注意情報が発表されています。30度以上の気温の高い状態は夕方にかけても続き、特に北陸などでは夜9時頃まで長く続く所があるでしょう。できるだけ暑さを避け、時間を決めて休憩をとるなど、熱中症対策を万全にしてお過ごしください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp