サイト内
ウェブ

台風14号 関東に迫る強風域 暴風や交通機関の影響に注意

  • 2021年9月18日
  • tenki.jp

台風14号はきょう18日午前7時、和歌山県有田市付近にあって東に進んでいるとみられます。まもなく、神奈川県など関東も風速15メートル以上の強風域に入る見込みです。

台風14号(最新情報)

昨夜(17日)、福岡県に上陸し、きょう(18日)未明に愛媛県に再上陸した台風14号は、午前7時現在、和歌山県有田市付近にあって東に進んでいるとみられます(今回3度目の上陸)。台風14号は今後も東へ進み、あと数時間で、神奈川県など関東も風速15メートル以上の強風域に入る見込みです。

雨・風の見通し(関東)

関東では既に雨が強まっていて、神奈川県海老名市で午前6時00分までの1時間に64.5ミリの非常に激しい雨を観測。東京23区内でも練馬区で1時間に37.5ミリの激しい雨が降りました。関東甲信地方では、きょうの昼前後をピークにあすの午前中にかけて雷を伴った激しい雨や非常に激しい雨が降り、大雨となる見込みです。予想される雨や風は以下の通りです。
1時間雨量:50ミリ(関東北部・南部)
24時間雨量(あす6時まで):180ミリ(関東南部)、120ミリ(関東北部)
最大瞬間風速:30メートル
◆防災事項◆
都市部での道路冠水や小中規模の河川増水、急な斜面付近での土砂災害に警戒。また、雨が弱まっても風の強い状態が続くとみられ、海岸沿いを走る鉄道や道路では強い横風で走行が困難になる可能性があります。気象情報に加え、交通情報をよくご確認ください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp