サイト内
ウェブ

九州 あす17日 台風14号接近・上陸のおそれ 暴風・大雨・高波に厳重警戒

  • 2021年9月16日
  • tenki.jp

台風14号は、あす17日に九州北部に最も近づき、上陸するおそれがでてきました。暴風や大雨など大荒れの天気が予想されます。きょうのうちに飛ばされやすいものは片づけるなど、暴風や大雨、高波など台風への備えしておきましょう。

台風14号 九州北部に上陸のおそれ

画像A

きょう16日午前9時現在、台風14号は長崎県五島市の西北西約440キロの海上で複雑な動きをしています。このあと、東シナ海北部を速度を早めながら東よりに進み、あす17日は九州北部に接近し上陸するおそれがあります。18日(土)にかけて本州付近を横断し、19日(日)は日本の東海上で温帯低気圧に変わる見込みです。
当初の予想より、台風は発達し、勢力を保ったまま九州北部にかなり接近し、上陸するおそれがでてきました。台風本体の活発な雨雲が九州付近にかかり、九州は北部を中心に大荒れの天気になる見込みです。
暴風や大雨、うねりを伴う高波に厳重な警戒が必要です。

宮崎県はすでに大雨 土砂災害の極めて危険

画像B

宮崎県は、台風14号に向かって南東の湿った空気が吹きつけ、活発な雨雲の流れ込みが続いています。
宮崎県は、今週は断続的に雨が降り続いており、今週12日(日)からの雨量が宮崎空港では560ミリを超え、すでに平年9月1か月分の雨量を超えています。宮崎県の平野部を中心に大雨により地盤がかなり緩み、土砂災害の危険度が極めて高くなっている地域があります。
きょうも雨が続き、一時非常に激しい雨のおそれがありますので、土砂災害に厳重に警戒して下さい。
また、九州その他の所も台風からの湿った空気が流れ込むため、一時雨や雷雨になる所があるでしょう。台風の接近に伴い、東よりの風がやや強くなり、沿岸海上は風が強まってきます。海上はうねりを伴い波が高い所が多く、長崎県五島地方はしけますので、船舶は強風や高波にご注意下さい。

きょうのうちに台風への備えを

画像C

台風14号は、あす17日午後に九州北部に最も近づき、予報円の中心付近を通れば九州北部に上陸のおそれがあります。
九州は北部を中心に大荒れの天気となるでしょう。
瞬間的には陸上でも30メートル前後の暴風が吹く所があるでしょう。何かにつかまっていないと立っていられない状態になったり、飛来物によって負傷するおそれのあるような風です。
また、台風本体の発達した雨雲がかかるため、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、大雨になるおそれがあります。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。
海岸や河口付近は潮位が高くなり高潮のおそれがあり、浸水や冠水に注意が必要です。
きょうのうち台風への備えをしておきましょう。
飛ばされやすい物はあらかじめ固定したり、室内に入れるなど暴風への備えをして下さい。また、大雨により土砂災害が発生したり、河川の増水や氾濫のおそれがあります。崖などの斜面の側や川の近くにお住まいの方などは、あらかじめ安全な場所に避難するなど、いざという時のために備えておきましょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp