サイト内
ウェブ

台風14号 短くなった進路予想に油断禁物 温帯低気圧に変わり再発達 関東に影響は

  • 2021年9月15日
  • tenki.jp

台風14号は、17日(金)には温帯低気圧に変わると見られ、進路予想が短くなっていますが油断禁物。温帯低気圧に変わった後、再発達して本州を通過。関東は18日(土)の午前中、風が強まり、交通機関に影響がでる恐れも。飛ばされやすい物をしまうなど、早めの備えをお願いします。

温帯低気圧に変わり再発達

画像A

台風14号は、15日(水)15時現在、五島市の南西約380キロでほとんど停滞しています。ほとんど停滞とは、速度が時速9キロ以下で移動方向が明らかでないことを示します。台風は16日(木)にかけて東シナ海付近でほとんど停滞した後、次第に進路を北東へ変え、17日(金)朝には対馬海峡へ進み、温帯低気圧に変わる見込みです。
台風進路予想図は、温帯低気圧に変わる所までしか表示されないため、進路予想は短くなりますが油断しないで下さい。台風14号の中心気圧は、15日(水)15時から16日(木)15時は992hPaですが、温帯低気圧に変わる17日(金)15時は988hPaと、温帯低気圧に変わってから再発達する予想です。また、温帯低気圧に変わると、かえって風や雨の強いエリアが広がる恐れがあるため、警戒が必要です。
台風から変わる低気圧は、17日(金)から18日(土)にかけて西日本から東日本を東北東へ進み、18日(土)の夜には三陸沖へ進む予想です。西日本では、17日(金)午後から18日(土)朝にかけて暴風や大雨、高波に警戒が必要。東日本は18日(土)午前中、北日本は18日(土)いっぱい雨や風が強まり荒れた天気となりそうです。

関東 18日午前が雨・風ピーク

画像B

台風から変わる低気圧は、18日(土)の午前に、関東北部付近を通過する予想です。低気圧がスピードアップしながら通過するため、東京湾周辺など沿岸部で南風がかなり強まり、交通機関に影響が出るかもしれません。また、雨雲も発達し、群馬や栃木など関東北部や神奈川では、大雨警報が発表される可能性があるため、早期注意情報(警報級の可能性)が発表されています。
関東は18日(土)午前を中心に、風や雨が強まります。17日(金)までに飛ばされやすい物をしまったり、側溝の掃除をすませておくなど、早めの対策をとりましょう。
※なお、台風から変わる低気圧の動きによっては、雨や風のピーク時間帯が変わります。最新の情報をこまめに確認して下さい。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp