サイト内
ウェブ

台風14号 17日には温帯低気圧へ ただ関西では油断は禁物!!

  • 2021年9月15日
  • tenki.jp

動きの遅い台風14号は、17日(金)に対馬近海で温帯低気圧に変わる見通しとなっていますが、その後も油断は禁物です。台風から変わる見込みの温帯低気圧は、17日(金)の夜から18日(土)の明け方にかけて、速度を上げながら近畿地方に近づく見込みで、荒れた天気となる恐れがあります。

近畿 雨・風強まるのは 17日午後から18日午前にかけて

画像A

近畿地方では、17日(金)の夜には雨雲の元となる暖かく湿った空気の流れ込みが強まるため、紀伊山地の南斜面では大雨となる恐れがあります。また、温帯低気圧の中心付近の活発な雨雲が近畿地方の北部にかかり、北部でも大雨となる可能性があります。
風は、17日(金)の午後に急速に南よりの風が強まり、沿岸・海上を中心に瞬間的には暴風の吹き荒れる恐れがあります。また、18日(土)は、北から西よりの吹きかえしの風が強まるでしょう。
このため近畿地方では、17日(金)の午後からは強まる雨や強まる風に注意が必要です。

大雨・強風への備えは、17日の午前までに!

今の所、近畿地方で雨や風が強まるのは、17日の午後からの見込みです。ベランダの飛ばされやすい物の片づけや、側溝にたまったゴミの除去などは、17日の午前中までに済ませるよう心がけてください。
また、17日の午後からは、沿岸・海上を中心に大荒れの天気となる恐れがありますので、海岸や河口には近づかないようにしましょう。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp