サイト内
ウェブ

中国地方 台風14号の影響は?雨はいつから?土砂災害の危険高まる熱帯夜も

  • 2021年9月13日
  • tenki.jp

台風14号の予報円は大きく進路の予想が難しいですが、週末には中国地方に接近する見込みで、雨や風に対する備えが必要です。
雨は台風が近づく前から降る見込みです。先月の長雨で土砂災害があった地域では特に少しの雨でも危険な状態になる可能性があります。周囲の状況を確認し、避難準備や対策をしておきましょう。

台風14号 今週末には中国地方に接近

画像A

13日昼現在、強い台風14号は東シナ海を北寄りに進んでおり、中国地方は西日本の南岸にのびる前線や湿った空気の影響で雲に覆われ、山口県ではすでに雨が降っています。
台風14号は、あす14日(火)から16日(木)にかけて東シナ海でほとんど停滞し、勢力をやや弱めるでしょう。その後17日には進路を東寄りに変えて、18日(土)には日本海へ進み温帯低気圧に変わる見込みとなっています。
ただ、18日の予報円は大きく、日本海から四国沖までとなっていて進路は不確実です。

台風接近前から雨に 夜は再び寝苦しくなる

画像B

中国地方は台風の接近に伴い、前線や湿った空気の影響を受ける見込みです。湿った空気の流れ込みが強まり、前線の活動が活発になるおそれもあります。
あす14日(火)は中国地方の広い範囲で断続的に雨が降るでしょう。
15日(水)と16日(木)は、湿った空気の影響を受けやすい西部を中心に雨が降りやすい見込みです。晴れ間が予想される東部でも突然の雨や雷雨にご注意ください。
17日(金)は全般に雨が降りやすくなり、台風が予報円の中心付近を通る場合、山口県など西側の地域で南寄りの風が強まってくる見込みです。
18日(土)は雨や風が強まり、荒れた天気になる可能性があります。
また、日中の気温は、くもりや雨の天気で上がりにくくなるものの、湿度が高いためムシムシするでしょう。特に16日(木)の夜から17日(金)の朝にかけて、17日(金)の夜から18日(土)の朝にかけては、夜間も気温が下がりにくく、寝苦しさが戻ってくる見込みです。
夜間も熱中症にならないよう注意する必要があります。就寝前に水分補給をして風通しをよくするなど、対策をしてください。

8月の長雨の影響で土砂災害の危険度が高い

画像C

今週は台風の接近前から、前線や湿った空気の影響でくもりや雨の天気になる見込みです。また、台風の進路次第では大雨になる可能性もあります。
中国地方は先月の長雨で土砂崩れの発生した所や砂防ダムに土砂がたまっている所など、完全な復旧がされていない所がほとんどです。
少しの雨でも、土砂災害の危険が高まる可能性があるため、再度家の周りや通勤経路などどういう状況になっているか確認しておき、いざという時はすぐに安全な場所へ移動できるように準備しておいてください。
また、飛ばされそうな物を固定したり、停電に備えて懐中電灯などを準備するなど、対策をしておきましょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp