サイト内
ウェブ

九州 台風14号の影響 局地的に激しい雨のおそれ 高波注意

  • 2021年9月13日
  • tenki.jp

九州は、台風14号の北上に伴い秋雨前線の活動が活発になり、今夜遅くからあす14日は局地的に激しい雨のおそれがあります。また、沿岸海上はうねりを伴った高波が続きますのでご注意下さい。

台風14号の動き

きょう午前9時現在、強い台風14号が東シナ海を時速25キロで北上しています。
台風はこのあと、大陸東岸付近を北上し、あす14日から16日(木)にかけて東シナ海で動きが遅くなる見込みです。17日(金)は進路を北東へ変えて、九州の北を通り、18日(土)は日本海で温帯低気圧に変わるでしょう。
今のところ、17日(金)に九州北部へ最接近する見込みです。九州に近づく時は勢力は弱まりますが、大量の水蒸気を運んでくる可能性があり、雨の降り方に注意が必要です。

秋雨前線が活発化

画像B

きょう13日、九州付近に停滞する秋雨前線の影響で、雨が降ったり止んだりの天気で、今夜遅くに長崎県の五島地方は雷を伴い激しく降る所があるでしょう。
あす14日は、台風14号の北上に伴い、秋雨前線に向かって台風周辺の暖湿空気が流れ込むため前線の活動が活発になり、局地的に激しい雨のおそれがあります。
また、九州の沿岸海上はうねりが入り、東シナ海側を中心に高波が続きますので船舶は注意が必要です。

今週はぐずついた天気

画像C

今週、九州は台風14号から湿った空気が流れ込みやすくなるため、大気の状態が不安定で、曇りや雨のぐずついた天気が続くでしょう。局地的に激しい雨が降り、雨量が多くなる所もありますので、雨の降り方に注意が必要です。
また、沿岸海上は、しばらく強風やうねりを伴う高波が続きますので、船や釣りなどはご注意下さい。
なお、台風14号の進路や速度が変わると予報が大きく変わる可能性があります。こまめに最新の気象情報を確認するようにして下さい。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp