サイト内
ウェブ

「週間天気」週の中頃から雨の範囲広がる 台風14号の動向に注意!

  • 2021年9月12日
  • tenki.jp

向こう一週間は、秋雨前線や台風などの影響で、曇りや雨の日が多いでしょう。沖縄では台風14号の影響で13日(月)にかけて大雨や強風に注意・警戒が必要です。西日本でも、17日(金)頃にかけて大雨となる可能性があります。最新情報をこまめに確認し、備えは早めに行いましょう。

13日(月)〜15日(水)

13日(月)から14日(火)は、北日本と東日本は、北から高気圧に覆われるでしょう。日本海側は広く晴れて、太平洋側も雲の間から日の差す時間がありそうです。西日本では秋雨前線の影響で、九州や四国を中心に雨が降るでしょう。雷を伴って雨脚が強まる所もありそうです。15日(水)になると、北日本や東日本も曇りや雨ですっきりしないでしょう。
最高気温は平年並みの所が多く、日差しが届く日本海側を中心に暑くなりそうです。ただ、朝晩は肌寒く感じられるでしょう。北海道の内陸では1ケタの冷え込みの所もあり、季節が進みそうです。

画像B

12日(日)、先島諸島に台風14号が接近しています。夜のはじめ頃にかけて、暴風や高波に厳重な警戒が必要です。夜遅くにかけては、非常に激しい雨の降る所があるでしょう。13日(月)明け方にかけて、断続的に激しい雨が降り、大雨となる所がある見込みです。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に警戒して下さい。
台風14号は、その後、東シナ海を北上するでしょう。沖縄からは次第に離れていく見通しですが、八重山地方では、13日(月)にかけても、非常に強い風が吹くでしょう。引き続き、強風に注意が必要です。14日(火)にかけて晴れ間もありますが、台風周辺の湿った空気が流れ込み続けるため、雨雲の発達しやすい状態が続くでしょう。
台風14号は、15日(水)から16日(木)頃は、東シナ海でほとんど停滞する予想です。九州付近には秋雨前線が停滞するでしょう。台風14号が停滞することで、前線に向かって暖かく湿った空気の流れ込みが続く見込みです。九州では雨が降り続き、雨量が多くなる可能性があります。

16日(木)〜19日(日)

17日(金)には、台風14号は東よりに進路をとるでしょう。九州など、西日本に近づく恐れがあります。
16日(木)頃から西日本で雨の降る所が多く、17日(金)から18日(土)は雨の範囲が広がるでしょう。17日(金)頃にかけて、西日本は大雨となる可能性があります。沖縄では、この頃から晴れるようになり、19日(日)からは、各地で日差しが戻るでしょう。
なお、台風の進路や速度など、予想にはブレがあります。最新の情報をこまめに確認してください。

非常用グッズの確認をする

画像D

万が一に備えた非常用グッズをリュックにまとめておきましょう。懐中電灯などの電池が切れていないか確認しておきましょう。
万が一の断水に備えて、飲料水やトイレなどの生活用水の確保をしておきましょう。生活用水の確保は、浴槽に水を張っておくとよいでしょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp