サイト内
ウェブ

8月下旬なのに 最高気温 2日連続で37℃台も 真夏日地点は2日連続で500以上

  • 2021年8月27日
  • tenki.jp

27日金曜も、関東甲信や東海を中心に、危険な暑さが続きました。最高気温は、山梨県甲州市勝沼で37.1℃と2日連続して37℃台を観測し、東京都心は34.3℃まで上がりました。前橋市や熊谷市、甲府市、岐阜市、津市などは2日連続の「猛暑日」で、「真夏日」地点数は、2日連続して500以上となりました。

関東甲信や東海中心に「危険な暑さ」が続いた

27日金曜は、本州付近は、南から、夏の太平洋高気圧に覆われたため、広い範囲で晴れました。関東甲信や東海を中心に、たっぷりの日差しが気温をグングン押し上げ、危険な暑さが続きました。
15時までの最高気温は、山梨県甲州市勝沼で37.1℃と2日連続の37℃台を観測し、三重県松阪市飯南と三重県桑名市で36.9℃、甲府市と栃木県佐野市で36.6℃と体温並みでした。東京都心は34.3℃と、猛烈な暑さでした。
また、前橋市、熊谷市、甲府市、岐阜市、津市は、いずれも2日連続の猛暑日(最高気温35℃以上)でした。さらに、真夏日(最高気温30℃以上)地点数は、2日連続して500以上となりました。

28日土曜も 猛暑日の所も

画像B

この暑さは、28日土曜も続くでしょう。最高気温は、関東甲信〜九州では、35℃前後の所が多く、東京都心や名古屋は35℃の予想です。
8月最後の土曜も、まだまだ暑さ対策が欠かせません。湿度が高い、風が弱い、日差しが強いといった気象条件も、熱中症を引き起こします。また、二日酔いや寝不足などの体調不良でも、熱中症にかかりやすくなってしまいますので、十分ご注意ください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp