サイト内
ウェブ

20日 九州〜東海 雨雲発達 滝のような雨も 関東など晴れる所も急な雨のおそれ

  • 2021年8月20日
  • tenki.jp

きょう20日も大気の状態が不安定。九州から東海は雨雲が発達しやすい状況。局地的には滝のような非常に激しい雨。関東をはじめ、晴れる地域も天気急変のおそれ。

九州から東海 南から湿った空気が続々と 太平洋側を中心に雨雲発達

きょう20日の未明から朝にかけて、広く雨となっているのは中国と四国。特に高知県では所々で滝のような非常に激しい雨が降り、佐川町では4時15分までの1時間に83.5ミリの猛烈な雨を観測しました。
このあとも南から暖かく湿った空気が続々と流れ込み、太平洋側を中心に雨雲の発達しやすい状況が続きます。
九州と中国、四国は、断続的に雨で、雷を伴い非常に激しく降る所があるでしょう。特に雨脚が強まるのは、多くの所は午前中で、九州北部(朝のうちは晴れ間も)では昼頃から夕方となりそうです。
近畿と東海も雲に覆われ、ときおりザッと雨が降るでしょう。昼前から夕方にかけては、雷雨になる所や、激しい雨の降る所がありそうです。
【予想される雨の量】
きょう20日午前6時から、あす21日6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、
四国は150ミリ、九州北部は120ミリ、中国地方と東海は100ミリ、九州南部と近畿は80ミリです。

関東甲信や北陸、東北 晴れても急な雨や雷雨のおそれ

関東甲信と北陸、東北は晴れ間が広がります。ただ、大気の状態は不安定です。
早い所では午前中から雨雲が湧いて、午後はあちらこちらで雨や雷雨に。局地的には、道路が川のようになるほど激しく降るでしょう。
沖縄もにわか雨の可能性があります。北海道はおおむね晴れるでしょう。

引き続き 災害への警戒を

11日頃から続いている大雨により、西日本を中心に地盤のかなり緩んでいる所があります。そのうえ、きょうも雨の所が多く、新たな土砂災害につながるおそれもあります。気象情報や、避難に関する情報を、こまめに入手するよう心がけてください。
また、川や用水路は、その場では雨が弱まったり、やんだりしていても、周辺で降った激しい雨により急に流れが速くなるケースがあります。むやみに近づくことは大変危険です。

関東や東北は35℃に迫る所も 北海道は急な暑さに注意 札幌は約2週間ぶりの真夏日か

画像D

最高気温は、九州から東海は26℃〜30℃くらい。きのうと同じかやや高い所が多く、湿度も高くムシッとした暑さでしょう。
関東甲信や北陸、東北は、きのうとあまり変わらず、多くの所で30℃以上の予想。関東北部や東北南部では、きょうも35℃くらいまで上がる所がありそうです。
北海道は、日本海側を中心にきのうより5℃以上高くなる所が多いでしょう。札幌は13日ぶりの真夏日となりそうです。急な暑さで体調を崩さないよう、要注意。こまめな水分補給を心がけてください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp