サイト内
ウェブ

徳島県では1時間100ミリ以上の雨を観測 四国、中国地方は引き続き土砂災害に警戒

  • 2021年8月19日
  • tenki.jp

記録的な大雨となっている四国や中国地方ですが、きょう19日(木)は四国で大雨となっています。徳島県が設置している雨量計では阿南市内で午前7時までの1時間に102.0ミリの猛烈な雨を観測しました。引き続き大雨による土砂災害に警戒してください。

恐怖を感じるほどの猛烈な雨

画像A

画像B

きょう19日(木)は日本海から九州北部に延びる前線に向かって湿った空気が流れ込んでいます。大気の状態は非常に不安定で四国では大雨となっています。徳島県阿南市内では県が設置している雨量計で午前7時までの1時間に102.0ミリの雨を観測しました。また、アメダスでも徳島県美波町で午前6時46分までの1時間に78.0ミリ、高知県いの町本川では午前3時41分までの1時間に53.5ミリのそれぞれ非常に激しい雨を観測しました。午後も大気の非常に不安定な状態は続くため、太平洋側を中心に傘が役に立たなくなるくらいの非常に激しい雨が降るでしょう。
中国地方は、雨の範囲は狭いですが、所々で弱い雨が降っています。午後も局地的に雨が降り、雷雨となる所もありそうです。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。

引き続き土砂災害に警戒

画像C

中国四国地方ともに、これまでの雨で地盤がゆるくなっています。少しの雨でも土砂災害の危険がありますので、引き続き警戒してください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp