サイト内
ウェブ

木曜も滝のような雨の恐れ 更なる災害に警戒 週末以降は大雨の峠越えるも曇りや雨

  • 2021年8月18日
  • tenki.jp

あす19日(木)も前線の活動が活発な状態が続くでしょう。九州から東海は断続的に雨や雷雨で滝のような非常に激しい雨の降る所も。更なる災害に警戒を。関東から北海道も所々で雨が降り、激しく降ることがあるでしょう。

18日(水) 活動が活発な前線の影響で猛烈な雨

きょう18日(水)、前線が西日本から北日本に延び、前線上の低気圧が日本海を北東へ進んでいます。前線や低気圧に向かって、暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発な状態が続いています。
沖縄や九州から北海道にかけて雨雲がかかり、所々で雨雲が発達しています。鹿児島県肝付町の内之浦では午前9時44分までの1時間に91.0ミリの猛烈な雨が降りました。
また、11日(水)の降り始めからの雨量は宮崎県えびの市や長崎県雲仙岳、佐賀県嬉野市など九州を中心に所々で1000ミリを超え、記録的な大雨となっています。

19日(木)も非常に激しい雨の恐れ

画像B

あす19日(木)も前線の活動が活発な状態が続くでしょう。
九州から東海は断続的に雨が降り、カミナリを伴って滝のような非常に激しい雨の降る所がありそうです。北陸は昼前後を中心に雨や雷雨になるでしょう。関東は晴れ間がでますが、雨雲やカミナリ雲がかかり、激しい雨の降る所もありそうです。東北と北海道は雲が多く、日本海側では午前中まで、太平洋側では午後も所々で雨や雷雨でしょう。
これまでの記録的な大雨により九州を中心に土砂災害の危険度が非常に高まっている所があります。引き続き、土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。

ようやく大雨の峠越える見通し

画像C

20日(金)も九州から近畿には湿った空気の影響で雨雲が流れ込みやすいでしょう。太平洋側を中心に発達した雨雲が次々とかかり、更に雨量が多くなりそうです。更なる災害につながる恐れがあります。引き続き、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。
21日(土)以降は前線は北日本付近まで北上し、活動も弱まるでしょう。大雨の峠は越えそうです。ただ、湿った空気が入りやすいため、天気はすっきりせず、九州から北海道にかけて所々で雨が降るでしょう。
広く前線の南側に入るため、曇りや雨でも蒸し暑くなりそうです。最高気温は九州から関東、北陸では30℃以上と厳しい残暑になるでしょう。復旧作業の際など、熱中症対策はしっかりとなさってください。喉の渇きを感じる前にこまめに水分をとりましょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp