サイト内
ウェブ

東海地方 あす17日(火)以降、再び大雨の所も 土砂災害に警戒を

  • 2021年8月16日
  • tenki.jp

きょう16日(月)、15時現在の東海地方は、愛知県や静岡県を中心に雨雲がかかっていますが、1時間に数ミリ程度の弱い雨となっています。東海地方は、あす17日(火)以降、再び大雨となる所もあり、雨量は更に増えそうです。引き続き、土砂災害などに警戒して下さい。

あす17日(火)以降、再び激しい雨に警戒

画像A

11日からの降り始めからの雨量は、きょう16日(月)15時までで、
静岡県の御殿場市で624.0ミリ、岐阜県の萩原(下呂市)で468.0ミリ、愛知県の茶臼山(豊根村)で306.0ミリ、三重県の北勢(いなべ市)で268.0ミリを観測し、記録的な大雨となっています。
御殿場市では、8月の平年の1か月分の降水量(247.5ミリ)の、2.5倍の雨が数日の間に降っています。東海地方の山地を中心に雨量がかなり多くなっており、これまでの大雨で地盤が緩んでいる所があります。少しの雨でも土砂災害が発生する危険性がありますので、今後も警戒が必要です。
土砂災害の前兆は、斜面のひび割れ、異様な音・におい、湧き水が止まる、濁った水が噴き出すなどです。不安を感じたら、安全な場所へ速やかに避難するようにして下さい。
今夜にかけても、雨が降ったり止んだりするでしょう。あす17日(火)以降は、湿った空気の流れ込みが強まり、前線の活動が活発になる見込みです。1時間に30ミリ以上の激しい雨や雷雨となり、再び大雨となる恐れがあります。18日(水)にかけても断続的に雨となり、雨量は更に増えるでしょう。

週間天気 最新の気象情報のチェックを忘れずに

画像B

この先、20日(金)頃まで、前線が本州付近に停滞する見込みです。21日(土)以降は、太平洋高気圧が日本付近に張り出しますが、勢力が弱く、南からの湿った空気が入りやすいでしょう。このため、引き続き、曇りや雨の日が多くなりそうです。今後も、最新の気象情報や避難に関する情報をこまめにチェックするようにして下さい。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp