サイト内
ウェブ

関東 8月は暑さのピーク 猛烈な暑さと空模様の変化に注意

  • 2021年8月1日
  • tenki.jp

関東地方は8月のスタートは猛烈な暑さと空模様の変化に注意が必要です。気温がぐんぐん上がり、内陸部を中心に猛暑日になる所もありそうです。ただ、午後は急な激しい雨や雷雨にご注意ください。8月は暑さがピークとなりそうです。引き続き熱中症に警戒をしてください。

気温ぐんぐん上昇 内陸部では猛暑日の所も

画像A

関東地方は、8月のスタートも厳しい暑さ、猛烈な暑さになりそうです。今日1日(日)も雲が目立つものの、日中は雲の隙間から強い日差しが照り付ける見込みです。紫外線もきわめて強くなりそうです。朝から気温もぐんぐん上昇し、午前中から30度を超える所が多いでしょう。最高気温はほとんどの所で30度以上で、熊谷や前橋など内陸部を中心に35度以上の猛暑日になりそうです。都心や横浜など沿岸部でも猛暑日に迫るほどの暑さでしょう。群馬県には「熱中症警戒アラート」が発表されています。特に群馬県では熱中症に厳重に警戒をしてください。

午後は局地的に雨や雷雨 非常に激しく降る所も

この気温の上昇で大気の状態が不安定になりそうです。午前中は晴れていても、午後は山沿いを中心にあちらこちらに雨雲や雷雲が発達するでしょう。局地的に激しく降ったり、滝のように非常に激しく降ったりすることがありそうです。低い土地の浸水や川の増水、土砂災害にご注意ください。

8月は猛暑のピーク

関東地方は8月が暑さのピークになります。関東地方では7月までに、さいたま、宇都宮、前橋で猛暑日を観測していますが、都心や横浜、千葉、水戸はまだ猛暑日を観測していません。都心では、昨年はじめて猛暑日になったのは8月7日でした。その後、たびたび猛暑日を観測し、8月と9月に合計12日観測されました。今年も8月に入り、これから猛暑日や真夏日の日がぐっと増えて、猛烈な暑さになる日が多いでしょう。

熱中症の応急処置のポイント

画像D

熱中症は、できるだけ予防したいものですが、万が一、症状が疑われる場合は、次のような応急処置が必要です。
まずは、涼しい場所へ移動しましょう。冷房の効いた部屋や、屋外では風通しのよい日陰で、できるだけ早く、体を冷やしてください。
衣服を緩めて、体から熱を逃がしましょう。体温を下げるためには、冷やした水のペットボトル、氷枕などを使って、両側の首筋や、わきの下、足の付け根を冷やすと効果的に体温を下げることができます。
水分と塩分を補給しましょう。冷たい水を、自分で持って飲んでもらうと、体にこもった熱を奪うだけでなく、水分補給もできます。また、経口補水液やスポーツドリンクを飲めば、汗で失われた塩分も適切に補えます。
ただ、吐き気を訴えたり、意識がなかったりするなど、自分で水分を摂ることができない場合は、口から水分を補給するのは禁物です。すぐに病院へ運んでください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp