サイト内
ウェブ

35℃以上の猛暑日 今年最多 あすも体温並みの危険な暑さ続く

  • 2021年7月17日
  • tenki.jp

きょう17日は、北海道から関東甲信地方にかけて所々で35℃以上の猛暑日に。猛暑日地点は35地点を超え、今年最多に。あす18日も、体温超えの危険な暑さが続くため、熱中症に厳重な警戒が必要です。

猛暑日地点 真夏日地点ともに今年最多

画像A

きょう17日は、北日本や東日本を中心に強い日差しが照り付け、厳しい暑さとなりました。最高気温(午後3時まで)が全国で一番高くなったのは、福島県福島市で36.5℃。その他、山梨県甲州市勝沼や新潟県魚沼市など、36地点で35℃以上の猛暑日となりました。30℃以上の真夏日地点も560地点を超え、猛暑日・真夏日ともに今年最多となりました。その他、札幌市32.4℃、仙台市31.2℃、大阪市33.4℃など所々で今年1番の暑さとなりました。東京も32.6℃と、3日連続の真夏日となりました。

あす18日 さらに猛暑日地点が増える

画像B

あす18日も、同じような天気傾向が続きます。全国の約7割で、最高気温30℃以上の真夏日に。35℃以上の猛暑日地点は、きょう17日より更に増える予想です。山形県山形市や庄内市、米沢市、福島県福島市、会津若松市、岩手県一関市など北日本を中心に、最高気温は37℃の予想です。例年、梅雨明け直後は、まだ身体が暑さに慣れていないため、熱中症の患者数が急増します。適切にエアコンを使用し、こまめに水分補給と休憩をとりましょう。人との間隔が十分とれている時は、適宜、マスクをはずすようにしましょう。熱中症に厳重な警戒が必要です。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp