サイト内
ウェブ

1か月予報 北日本中心に厳しい暑さ 台風にも注意が必要なシーズンに

  • 2021年7月15日
  • tenki.jp

きょう15日発表された最新の1か月予報によると、この先、北日本を中心に厳しい暑さとなりそうです。また、北海道や関東には、暑さに関する情報も出されていて、万全の熱中症対策が必要です。

これから暑さのピークに 熱中症に厳重に警戒を

きょう(15日)気象庁は最新の1か月予報を発表しました。
それによりますと、夏の暑さをもたらす太平洋高気圧が、北へ偏って張り出し、北日本付近に暖かい空気が流れ込みやすいため、北日本の気温は平年より高い予想です。東日本や西日本、沖縄・奄美は平年並みの予想ですが、最高気温を平年値でみると、7月下旬から8月上旬ごろが1年のうちで最も暑い、ピークを迎えます。こまめに水分や休憩をとる、直射日光を避けて日傘や帽子を使う、ご高齢の方や小さいお子さんに声掛けをするなど、熱中症対策を万全にしてお過ごしください。
また、これから台風のシーズンを迎えます。台風の発生数を平年値でみると、6月は1.7個ですが、7月は3.7個、8月は5.7個、9月は5.0個と、7月に入ると台風の発生が多くなります。また、接近する数も、6月は0.8個ですが、7月は2.1個、8月・9月はともに3.3個です。日本付近や南の海上では、海面水温が平年より高くなっているため、熱帯低気圧や台風が発達する可能性があります。本格的な台風シーズンを迎える前に、家の周りの側溝を掃除しておくなど備えを進めておいてください。

画像B

1週目(7月17日〜23日)

週ごとに詳しくみていきます。
1週目は、太平洋高気圧が本州付近に張り出す見込みです。そのため、北日本は平年に比べて曇りや雨の日が少なく、東日本・西日本は、平年と同様に晴れる日が多い見込みです。一方、沖縄・奄美は、気圧の谷の影響を受けやすく、また、熱帯低気圧などの影響を受ける可能性があるため、平年に比べて晴れの日が少ない予想です。
7月22日は二十四節気の一つで、暑さが最も厳しい時期と言われる「大暑」です。北日本と東日本では、上空に暖かい空気が入るため、北日本では平年より高く、東日本は平年並みか高い予想です。北海道には「高温に関する早期天候情報」が発表されていて、関東甲信には、高温に関する気象情報が出されています。熱中症への対策が必要です。
一方、西日本は平年並みで、雲が広がりやすい沖縄・奄美は、平年より低い予想です。

2週目(7月24日〜30日)

天気の傾向は、全国的に平年同様の傾向が予想されます。北日本は、曇りや雨の日が多く、東日本、西日本、沖縄・奄美は、晴れる日が多い見込みです。
ただ、日本付近への太平洋高気圧の張り出しは弱く、気圧の谷や熱帯低気圧などの影響で、沖縄・奄美や、東日本と西日本のそれぞれ太平洋側では雨の量が多くなる可能性があります。
気温は、北日本では平年より高く、東日本、西日本、沖縄・奄美は平年並みでしょう。

3〜4週目(7月31日〜8月13日)

天候は、全国的に平年同様の傾向となりそうです。北日本は、天気は数日の周期で変わるでしょう。東日本、西日本、沖縄・奄美は晴れる日が多いですが、東日本と西日本のそれぞれ太平洋側は、気圧の谷の影響を受けやすいため、平年より雨が多くなることもありそうです。
気温は、北日本、東日本、西日本は平年並み。沖縄・奄美は平年並みか高い予想です。一年のうちで最も暑い時期です。日中だけでなく、夜間でも熱中症にならないよう、万全の対策をしてお過ごしください。

【北日本】北海道・東北地方
【東日本】関東甲信・北陸・東海地方
【西日本】近畿・中国・四国・九州北部地方・九州南部
【沖縄・奄美】鹿児島県奄美地方・沖縄地方

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp