サイト内
ウェブ

九州 16日にかけて雷雲急発達のおそれ 熱中症の危険性高い

  • 2021年7月15日
  • tenki.jp

九州はあす16日かけて大気の状態が非常に不安定で、雷雲が急発達しやすい見込みです。屋外での活動は天気の急変に注意が必要です。また、日中は大変厳しい暑さになり、熱中症の危険性が高くなります。暑さにも警戒して下さい。

画像A

きょう15日からあす16日は、九州北部の上空6000メートルには氷点下8度前後と、この時季としては強い寒気が流れ込みます。湿った空気と強い日差しの影響で、九州は大気の状態が非常に不安定で急速に雷雲が発達しやすい見込みです。
山沿いだけではなく、平野部でも一時雷雨になる所があり、局地的に滝のような非常に激しい雨が降るでしょう。発達した積乱雲の下では落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうのおそれもあり注意が必要です。
急に真っ黒な雲が近づいてきたり、雷が聞こえたり、冷たい風が吹き出すような時は、雷雲が近づいていますので早めに安全な場所へ避難しましょう。
屋外での活動は、空の変化や川の様子の変化に気をつけて、少しでも異変を感じたらすぐに避難しましょう。

梅雨明け直後は、熱中症になりやすい

画像B

きょう15日、九州は各地で大変厳しい暑さになり、内陸部では最高気温が35度前後まで上がる所があります。
各地で熱中症のリスクが高くなります。特に、福岡県や大分県、鹿児島県には気象庁と環境省から「熱中症警戒アラート」が発表されており、熱中症の危険が極めて高くなっています。
九州北部地方はおととい13日に梅雨が明けましたが、梅雨明け直後は体が厳しい暑さに慣れていないため、熱中症になりやすい傾向にあり要注意です。
喉が渇く前にこまめに水分補給を行い、暑さの厳しい時間帯はなるべく外出を控え、室内をエアコンなどで涼しい環境にして過ごすようにして下さい。高齢者や子どもは暑さの影響を受けやすいため、周囲で見守り声かけを行いましょう。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp