サイト内
ウェブ

5月1位の記録的な大雨も 土砂災害警戒情報「警戒レベル4相当」発表中の所は?

  • 2021年5月20日
  • tenki.jp

20日木曜の日中、九州は所々で「5月としては1位」の大雨となり、13時20分現在、佐賀県に「警戒レベル4相当」の土砂災害警戒情報が発表されています。また、同じく梅雨入りしている中国、四国や近畿、東海でも、局地的に雨雲が発達しています。九州を中心に、土砂災害に厳重に警戒するとともに、低い土地の浸水や川の増水・氾濫に、警戒してください。

「5月としては1位」の値を更新した大雨も

画像A

20日木曜は、朝までは、熊本県を中心に「激しい雨」や「非常に激しい雨」を観測しましたが、日中は、佐賀県や長崎県でも「非常に激しい雨」を観測しました。1時間降水量は、佐賀県伊万里市では61.5ミリ(12時37分まで)、長崎県佐世保市で57.5ミリ(11時58分まで)と、ともに5月としては1位の値を更新しました。
また、熊本県水俣市では、10時30分までの6時間降水量が152.0ミリと、5月としては1位の値を更新し、平年5月ひと月分(187.2ミリ)の約8割の雨が、たった6時間で降りました。
さらに、雨雲レーダーをみると、九州だけでなく、同じく梅雨入りしている中国、四国や近畿、東海でも、所々に発達した雨雲がかかっています。

佐賀県に「警戒レベル4」土砂災害警戒情報

画像B

このため、20日木曜13時20分時現在、佐賀県(佐賀市・唐津市・多久市・伊万里市・武雄市・有田町)に、「警戒レベル4相当」の土砂災害警戒情報が発表されています。
降り続く大雨のため、警戒対象地域では土砂災害の危険度が高まっていて、避難が必要となる危険な状況となっています。崖や川の近くなど土砂災害の発生するおそれのある地区にお住まいの方は、早めの避難を心がけるとともに、市町村から発表される避難指示などの情報に注意してください。
また、九州では、土砂災害警戒情報が発表されている市町村以外でも、これまでの大雨により、すでに地盤の緩んでいる所があります。土砂災害に厳重に警戒が必要でし、低い土地の浸水や、川の増水・氾濫にも、警戒を続けてください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp