サイト内
ウェブ

17日 梅雨前線活動活発 大雨警戒注意

  • 2021年5月17日
  • tenki.jp

きょうは、前線が本州から四国・九州を南下。局地的に雷を伴う激しい雨や非常に激しい雨が降り、大雨。低い土地の浸水、土砂災害、川の増水、氾濫に警戒・注意。高温多湿の所も。

17日 梅雨前線 活発な活動で南下

画像A

きょう17日(月曜)は、朝の内は日本海沿岸にある梅雨前線が、次第に南下する見込みです。今夜には九州から本州の太平洋沿岸で停滞するでしょう。この前線の付近では、湿った南風の影響で局地的に雨雲が発達中です。
熊本県山都町では、午前6時までの1時間に90.5㎜の猛烈な雨を観測しました。
このあとも九州から東北の広い範囲で大雨の恐れがあります。土砂災害、川の増水と氾濫、低い土地の浸水などに厳重な警戒や十分な注意が必要です。
これからあす18日(火曜)の朝6時までに予想される雨量は、いずれも多い所で九州と東海で150㎜、北陸で120㎜、中国地方で80㎜、東北地方で70㎜です。

画像B

きょうの天気 大雨 土砂災害などに警戒

画像C

沖縄では、晴れて日中は強い日差しが照りつけるでしょう。
九州と四国、中国、近畿、東海は、日中は雨が降りやすく、激しい雨や非常に激しい雨の降る所があるでしょう。雷を伴うことがある見込みです。
北陸から東北にかけても雨が降りやすいでしょう。激しい雨や雷雨になる所がある見込みです。
関東甲信も、朝は雨が降っていない所でも、次第に雨が降るでしょう。局地的なカミナリにご注意ください。
北海道は、午前中を中心に雨が降りますが、午後は雨がやむでしょう。

きょうの最高気温 夏日、真夏日 熱中症に注意を

画像D

きょう日中の最高気温は、沖縄では30℃以上の真夏日が続くでしょう。
九州から関東と東北南部では、25℃以上の夏日になる所が多い予想です。
高温と多湿の影響で、熱中症の危険が高まります。こまめな水分補給や適度な休憩を心がけてください。
東北北部と北海道で20℃を下回る所があるでしょう。雨が降っている間は、空気がひんやりとします。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp