サイト内
ウェブ

北陸 土日大荒れ 日曜は雷や暴風・高波に要警戒 標高の高い山は吹雪のおそれ

  • 2021年4月16日
  • tenki.jp

メイン画像

土日の北陸地方は雨が降りやすく、局地的に激しい雨や雷雨となるでしょう。特に日曜は上空に強い寒気を伴った低気圧の影響で、雷や竜巻などの激しい突風・ひょうの降る恐れもあります。海上を中心に暴風や高波に警戒が必要で、標高の高い山ではふぶく所もありそうです。

土日は大荒れの天気となる見込み

画像A

17日土曜は、前線を伴った低気圧が本州南岸を進む見込みです。18日日曜は、寒気を伴った低気圧が日本海で発達するでしょう。北陸の上空5500メートル付近には氷点下30度前後のこの時期としては強い寒気が流れ込む見込みです。
このため、土日ともに雨が断続的に降るでしょう。一時的に雨脚が強まることもありそうです。
特に日曜は、大気の状態が非常に不安定となるため、落雷やひょう、竜巻などの激しい突風のおそれもあります。天気が急変しそうな場合には安全な場所の確保に努めてください。新潟や富山の標高の高い山では、雪が降りふぶく所もありそうです。登山などを計画されている方は、日程変更をするなど慎重な判断をお願いいたします。海上では西よりの風が強まり、高波にも注意・警戒が必要です。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp