サイト内
ウェブ

週末 雨の後は黄砂飛来

  • 2021年4月16日
  • tenki.jp

あす(17日)は低気圧や前線の通過に伴って、九州から関東にかけての太平洋側では大雨の恐れがあります。日曜日(18日)は九州から関東で天気の回復する所が多いですが、大陸から巻き上げられた黄砂が日本付近に飛来してくる見込みです。洗濯物や車に付着する恐れがあるので、十分ご注意ください。

大陸から黄砂が移動中

画像A

今日16日は本州付近に低気圧や前線に伴う雲がかかり始め、九州から関東は昼頃から雨の降っている所があります。あす17日にかけて九州から関東にかけての太平洋側では大雨の恐れがあります。
一方、大陸に目を移すと黄砂がまとまって飛んできている様子が分かります。日曜日(18日)はこの黄砂が上空の偏西風にのって日本付近へ飛来する可能性が出てきています。

日曜日(18日)天気回復も洗濯は注意

画像B

日曜日(18日)は低気圧の影響を受ける北日本で雨や風が強まり、荒れた天気になりそうです。九州から関東では太平洋側を中心に天気が回復するものの、うっすらと黄砂が飛んでくる可能性があります。洗濯物は念のため部屋干しした方がよいでしょう。車に付着することもあるので、外出前に洗車する方は時間に余裕を持った方がいいかもしれません。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp