サイト内
ウェブ

花粉シーズン ピーク過ぎた? 来週は多く飛ぶ所も 油断しないで対策を

  • 2021年4月15日
  • tenki.jp

今年の花粉シーズン、九州から近畿にかけては終わりが見えてきました。ただ、東海や関東、東北では、来週も油断は禁物です。晴れて気温の高い日は、花粉の飛散が多くなる所がありますので、メガネや帽子などで対策をしてお過ごしください。

あす 東海や関東、東北など「多く」飛ぶ所も

画像A

あす16日は、西から気圧の谷が近づく見込みです。九州から近畿にかけては、ヒノキ花粉の飛ぶ量は「少ない」でしょう。
ただ、東海や関東、北陸、東北では、午前中を中心に晴れて気温が上がるため、所々でヒノキ花粉の飛ぶ量が「多く」なりそうです。
花粉症の方は、マスクに加えて、メガネや帽子などでしっかりと対策をしてお過ごしください。

来週も油断は禁物

来週の月曜日から水曜日にかけては、高気圧に覆われて、広い範囲で晴れる見込みです。九州から関東にかけて、最高気温が25℃くらいまで上がる日もありそうです。
「晴れ」「空気が乾燥」「気温が高い」と花粉の飛ぶ量が多くなりますが、九州から近畿では、ヒノキ花粉のピークを過ぎているため、飛散は「少ない」見込みです。一方、東海や関東、東北では、ヒノキ花粉の飛散が「やや多い」日が続き、関東では「多く」飛ぶ所もあるでしょう。
今月末までは、まだまだ油断しないで、特に晴れて気温の高い日は、万全の花粉対策をなさってください。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp