サイト内
ウェブ

12日 西から天気は下り坂 14日にかけて全国で雨。

  • 2021年4月12日
  • tenki.jp

きょう(12日:月曜日)は、九州から四国は次第に雨。近畿から北海道は、日中は晴れるが、夜にかけて雲が広がりやすい。雨の範囲は、あす(13日:火曜日)には九州から北海道にかけての広い範囲に。沖縄では夏を思わせる晴天。

【気圧配置】
きのう(11日:日曜日)の日本列島に、うららかな晴天をもたらした高気圧は、中心を日本の東に移し、夜にかけて次第に遠ざかるでしょう。
大陸北部には低気圧や前線が現れていて、あすにかけて、北海道や東北、北陸に近づく予想です。
また、大陸の中部、長江(揚子江)下流域(上海付近)には別の前線が発生して、前線の上には低気圧が発生する見込みで、次第に九州に近づくでしょう。

きょうの天気 沖縄 夏を思わせる晴天に

画像B

きょうの沖縄は、南から高気圧に覆われるため晴れて、日中の最高気温は、各地で25℃以上の夏日になるでしょう。30℃近くまで上がる所がある見込みです。
昼ごろは、太陽がほぼ真上から照りつけるでしょう。外に出る方は、日傘やサングラス、帽子は、少しの外出でもマストなアイテムです。
予想最小湿度は那覇で60パーセント台です。体を動かすと汗ばむくらいの気温と湿度ですが、南よりの風がやや強めに吹く所があるため、極端な蒸し暑さは感じないでしょう。八重山地方の一部では、午前中に雨の降る所がある見込みです。

きょうの九州、四国、中国 ゆっくり天気が下り坂 次第に雨

画像C

九州は朝から雲が多く、早い所では午前中から雨が降り出し、午後からは広い範囲で雨が降るでしょう。
四国と中国は、昼ごろまで多くの所で晴れますが、こちらも日中は次第に雲が広がる見込みです。四国の早い所では午前中から雨が降り出し、中国地方でも夕方から雨が降る所が多くなるでしょう。最高気温は、22℃前後の所が多く、松江など、山を越える風が吹く所を中心に気温が上がり、5月並みの所もありそうです。

きょうの近畿、東海、北陸と関東甲信 日中は晴れて過ごしやすい

画像D

日中は多くの所で晴れますが、夕方から夜には広い範囲が曇り空に変わるでしょう。日中の最高気温は、22℃前後の予想です。北陸では、5月半ばごろの陽気になる所があるでしょう。空気が乾いて、からっとした陽気の所が多くなりますが、紫外線が日増しに強くなっています。買い物などで外出をするときには、日傘やサングラス、帽子で、お肌や眼をガードしましょう。

きょうの東北、北海道 日中は心地よい青空

東北と北海道は、日中は各地で晴れるでしょう。西から近づく前線の影響で、夕方から夜は雲が広がる所が多くなりそうです。
あすは雨が降りますから、きょうの青空を有効に、お使いください。最高気温は、東北は18℃前後、北海道は15℃前後の所が多くなるでしょう。5月並みの気温になる所がある見込みです。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp