サイト内
ウェブ

福岡 観測史上最早で桜開花 九州の桜、続々と開花へ

  • 2021年3月12日
  • tenki.jp

きょう12日午前、福岡管区気象台のソメイヨシノの標本木が、平年よりも11日早く昨年よりも9日早く開花しました。1953年の統計開始以来、最も早い開花で、全国歴代3番目に早い記録になりました。

福岡 桜の最早記録更新 全国歴代3位

きょう12日午前、福岡市は小雨が降る中、福岡管区気象台のソメイヨシノの標本木が開花しました。午前中に5輪花が咲いているのが確認されました。暖かい春の雨が桜の開花を促したようです。
福岡市の開花は平年より11日も早く、昨年より9日早く、1953年の統計開始以来も最も早い記録です。これまでの最早開花記録の3月13日(2013年と2009年)を更新しました。
また、きのう11日は広島市で全国トップをきってソメイヨシノが開花しましたが、福岡市のソメイヨシノはきのうの広島市に次いで、全国歴代3番目に早い記録になりました。ちなみに全国歴代1位は、高知市の2010年3月10日です。
桜のつぼみは、冬前半の厳しい寒さで休眠打破が順調に行われ、2月以降の記録的な暖かさで急成長して、記録的な早さで開花したものと思われます。

九州各地の桜、続々と開花へ

きょうの雨のあと、今週末は一時的に気温が下がり風が冷たくなりますが、来週は再び高温傾向になるため、さらに桜の開花が進みそうです。来週にかけて、九州その他の地域でも平年より早く桜の開花の便りが続々と届きそうです。
なお、日本気象協会発表(第5回)の福岡市のソメイヨシノの満開予想日は、3月22日です。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp