サイト内
ウェブ

3日 桃の節句 凛と揃いの おひなさま

  • 2021年3月3日
  • tenki.jp

きょう(3月3日)は、西高東低の気圧配置。北風の強まる所が多いが、全国的に晴れる。日本海側の雪も午前中まで。きのう日中に入れ替わった寒気の影響で、春から早春の風の寒さに。雛飾りは、どれもも凛としたたたずまいに。

3日 太平洋側中心に晴れ 空気乾燥と北風に注意

画像A

きょう(3月3日)は桃の節句。きのう列島各地に荒れた天気を残した低気圧や前線は東に離れました。代わって、西から高気圧が張り出して、西高東低の気圧配置になっています。専門家が、平地でも雪が降る目安としている上空1,500メートル付近でマイナス6℃以下の寒気が関東付近から山陰付近まで南下してきました。等圧線の間隔が狭く、北風が強まりやすいことも示しています。
北海道から九州にかけて、太平洋側を中心に晴れの一日になるでしょう。
日本海側では、北陸や東北、北海道にかけて、午前中を中心に雲が多く、雪の降る所がありますが、こちらの各地でも、午後は晴れるようになる見込みです。
きのう(2日)近畿地方に春一番を吹かせた南風に代わって、きょうは北西から北東にかけての北よりの風が吹きます。さらに、昼頃にかけて強まる所が多いでしょう。

3日 ほぼ平年並みだが花粉大量飛散も

画像B

きょう(3月3日)の最高気温は、寒気の影響で早春らしさが戻る予想です。
きのうは、春本番や初夏の陽気の所がありましたが、きょうは早春の気温です。加えて北風が体感温度を下げます。季節がマイナスワン逆戻りする所が多いでしょう。
北海道は0℃以下の所が多いでしょう。東北北部は5℃以下。東北南部から北陸と山陰は10℃以下の所がほとんどで、北風が寒さをいっそう募らせるでしょう。関東から東海、近畿、山陽と九州北部は10℃から15℃、四国や九州南部は15℃前後の予想です。沖縄では20℃前後にとどまるでしょう。
東北の太平洋側と関東から九州では、空気の乾燥するところが多い見込みです。
火の元、火の取扱いに注意するだけでなく、肌の乾燥対策や部屋の加湿も、お忘れなく。

3日 花粉の飛散数増量中

画像C

きょうは天気が回復してきましたので、スギ花粉が再び多く飛びやすくなります。南風ではなく北風が吹いても、風の強さと空気の乾燥が、飛ぶ量を多くするでしょう。
花粉症の方は、花粉用マスクやメガネはもちろんですが、帽子の着用も頭髪への付着を防ぐ効果があります。髪の長い方は束ねると効果がアップします。
身体に花粉を寄せつけない工夫をして、お過ごしください。
花粉を室内に持ち込まない工夫もキーポイントです。花粉症の方がいる家庭や職場では、玄関先などで花粉を、よく払い落としましょう。花粉症でない方も、協力なさってください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp