サイト内
ウェブ

18日 日本海側で不安定 強雪・強雨、落雷・突風注意!なだれ注意を

  • 2021年1月17日
  • tenki.jp

あす18日(月)は冬型の気圧配置が緩むものの、日本海から低気圧が接近。日本海側で大気の状態が不安定になり、雪や雨が強まり、雷や突風の恐れも。

あす(18日)の天気 日本海側は広く雪や雨 多雪地はなだれに注意を

画像A

あす18日月曜日は九州は北部を中⼼に雲が多く、所々で雪や⾬が降りそうです。 四国や中国地⽅、近畿は晴れ間がありますが、 ⽇本海側を中⼼に雪雲や⾬雲がかかりやすいでしょう。 東海は⽇中は晴れますが、夜は岐⾩で雪や⾬の所がありそうです。 関東は午前中は所々で⾬や雪が降りますが、 午後は広く晴れる⾒込みです。 北陸や東北、北海道は⽇本海側を中⼼に雪で所々ふぶくでしょう。 積雪がある所に再び雪が積もると山の斜面では『表層雪崩』が起こりやすくなります。雪崩や屋根からの落雪、吹雪による⾒通しの悪さなどにお気をつけ下さい。 一方、沖縄では雲が広がりますが、⼣⽅から晴れそうです。

あす(18日)の気温 寒中らしい凍える寒さに

最低気温・最高気温ともに平年より低い所が多いでしょう。朝は、北海道から九州にかけて0度以下の所が多く、特に冷え込む北海道では氷点下20度前後の厳しい冷え込みの所もありそうです。日中は、北海道は0度以下で多くの地点で真冬日の予想。東北と北陸では5度以下。関東から九州にかけても10度に届くところは少なく、寒中らしい凍えるような寒い一日となりそうです。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp