サイト内
ウェブ

台風14号 四国への影響について

  • 2020年10月8日
  • tenki.jp

台風14号は、あす9日には四国沖を北東へ進み、10日の未明から朝にかけて、四国に最接近する見込みです。
あすは、次第に雨・風とも強まり、あさって朝にかけて太平洋側を中心に大荒れとなる恐れがあります。

雨の予想と警戒・注意期間

画像A

【雨の予想】
四国地方では、すでにきのうの午後から雨が降り続いていますが、台風の接近に伴いあすになると次第に雨脚が強まるでしょう。特に、台風本体からの距離が近く、湿った空気が強く流れ込む徳島県と高知県東部には発達した雨雲がかかりやすく、警報級の大雨の恐れがあります。これからあさって朝にかけて予想される降水量は、いずれも多い所で、徳島県南部で300〜400ミリ、徳島県北部と高知県東部で200〜300ミリ、高知県中部と西部で150〜200ミリ、愛媛県と香川県で100〜150ミリの見込みです。土砂災害や河川の増水、低い土地の浸水に警戒してください。

強風の予想と警戒・注意期間

画像B

【強風の予想】
台風14号は四国沖を通過するコースを進む予想で、四国は台風の進行方向の左側にあたることから、広い範囲での暴風の可能性は低い見込みです。ただ、台風からの距離が近い高知県と徳島県では、あす・あさっては暴風に警戒が必要でしょう。また、愛媛県も沿岸部では、あすの午後は強風に十分注意して下さい。また、今回は台風が過ぎ去った後のあさって日中も、吹き返しの北寄りの風が沿岸部を中心に強く吹く見込みですので、天気が回復してきても油断は禁物です。

高波の予想と警戒期間

画像C

台風の接近に伴い、太平洋側では次第に大しけとなり、高知県と徳島県南部では、あすからあさってにかけて波の高さが9メートルを超える猛烈なしけとなる所もあるでしょう。高波に警戒が必要な期間は、台風が過ぎ去った後もしばらく続く見込みです。特に、国道55号と56号では、越波による浸水や交通障害の発生に警戒してください。

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
tenki.jp