サイト内
ウェブ

マンガと写真でゆる〜く楽しむ、おもしろ植物図鑑 [07]

  • 2017年8月16日
  • 植物生活

おもしろ植物図鑑07 アザミ


キク科アザミ属の多年草。
都会の道端から山野までどこにでも生えています。
園芸種も含め種類が豊富。
春に咲いているのはノアザミで、その他の種は夏から秋に咲くものが多いです。
葉にトゲがあるのが特徴ですが、葉だけでなく茎にトゲが あるものもあります。
近所で一番よく見かけるのは全体的にトゲトゲしている外来種のアメリカオニアザミ(セイヨウオニアザミ)。
触ると痛くて駆除しづらいので急速に増殖中です。
タンポポのような綿毛のついたタネができます。
捕まえると幸せになるという「ケサランパサラン」はこのアメリカオニアザミのタネではないでしょうか?
よく似ているので皆様ぜひ見比べてみて下さい。



text & photo 『おもしろ植物図鑑』
書いた人
名前:花福こざる kozaru hanafuku
プロフィール:花屋兼マンガ家兼時々イラストレーター。旦那様と二人で花屋を営む。12年目。お花屋さんが描くオモシロ草花マンガ「おもしろ植物図鑑」発売中!月刊フローリストで「フローリストこざる」連載中。
http://ameblo.jp/hanafukukozaru/

もっとこの植物図鑑を読みたい!という人は


マンガと写真でゆる~く楽しむ、草花の魅力『おもしろ植物図鑑』
道端に、公園に、庭に、普段は気にすることもない雑草たち。
花壇や街路に整備されているけれど、名も知らない花や木たち。
そんな彼らは何食わぬ顔して、実はものすごい秘密と不思議を秘めているのです。
たとえば、釣鐘のような形の花は、どうしてそんな形をしているのか?
それは来てほしい虫だけにフィットするように変形した結果だったり。
春になれば青い小さな花を咲かせる雑草、ツユクサは、
実は偽りの看板で昆虫を引き寄せる稀代の詐欺師でありまして……。
そのほか、名前に込められたストーリーや季節ごとの変化などなど
見慣れた植物たちの真実の姿を、
「楽しく読みやすいマンガ」と「写真」でサクサク、どんどん!読めちゃう本です。
知れば知るほど植物が愛おしくなり、
毎日の通勤・通学の世界の色も変わってくるはず。
ちょっと知るだけで、こんなに楽しい! こんなに納得! 植物ってスゴイ!!!
著者名: 花福こざる ISBN: 978-4-416-61532-4
 224ページ 定価:本体1,400 円+税

植物生活ストアでも好評発売中です!

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2017 kaika. All Rights Reserved