サイト内
ウェブ
緑のgoo 10th Anniversary 緑のgoo 10th Anniversary

潜入!シークレットな館での、ウエディングフラワー・エキシビジョン! from パリ

  • 2017年8月13日
  • 植物生活

大正ロマンな会員制倶楽部!

東京は港区三田にある「綱町三井倶楽部」は
大正2年の創立以来、
三井家およびグループの迎賓館として
数々の賓客を迎え入れて来た場所。

今回、この場所で行われたのは
エルベ・シャトラン 来日記念
「花と器と水のハーモニー」装飾展示会。
エルベ・シャトラン氏は
「花の魔術師」との異名をとる
フランスはパリのフラワーアーティストです。
彼のデザインの特徴は
“ビジュー”=染色した水と
ガラスの花器に花を組み合わせる「花と器と水のハーモニー」
という考え方。

このたび、そんなエルベ・シャトラン氏と
第一園芸株式会社が
ライセンス契約を開始した! 
というその記念とお披露目に
今回のエキシビジョンが催されたというワケです。
ちなみに、エルベさんはダンディなイケメン。
当日のデモンストレーションに惜しくも間に合わなくて
エルベさんの写真が撮れなかったので
気になる方はぜひHPをご覧ください〜。
http://herve-chatelain.jp/profile

いよいよ館内へ!

今回のイベントは
2017年8月7日(月)、8日(火)の2daysだけという
とっても贅沢で特別なもの。
しかも、普段なら会員以外は足を踏み入れられない
「綱町三井倶楽部」という
シークレットな場所で……
期待が高まります。
そして、最初の花!

このデザインのタイトルは「愛のメリーゴーラウンド」。
円筒形のシリンダーをいくつも並べて
八方から見える感じで回転木馬のように。
この花を背に、中央の大階段を上って行きます。
エキシビジョンでは
エルベ・シャトラン氏がこの日のために来日し
綱町三井俱楽部の音楽室に特別にデザインした
スタイルの異なるパターンのウエディング装花と、
花をより美しく魅せるオリジナルの照明を使用した
“花 と光のコラボレーション演出”を
楽しめるとのこと。


テーマは「愛(ロマンティック)」

夢見るように、恋している感じ。
そう銘打たれた統一テーマのもと
音楽室にはテイストの違う
華やかなウエディングフラワーが!

タイトル「純白の愛」。
メインテーブルの花です。
白のトルコギキョウのフリンジと
ここでも花器中のパールがいい仕事をしていて、
清らかながら華やか!
という美しさにため息ものでした。



ゲストテーブル①「愛のスノーボール」。
白い雪の中に
丸く小さな花器に生けられた
淡いブルーのデルフィニウムが愛らしくてキュンとします。



ゲストテーブル②「nuage fleuri(ニュアージュ・フロリ)。
フランス語で花咲いた雲
という意味だそう。
名前の通り、柔らかなクロスが雲のようで
そこに美しく花が咲き誇る……
ロマンチックムード抜群です!

ゲストテーブル③「PARIS-TOKYO」。
花はパリのイメージ、
四角く細い器は
東京のビルのイメージ。
両都市の親愛と友愛を表現した
まるで国際結婚みたいな
文化と愛の融合。

ゲストテーブル④「開花」。
花器にも花いっぱい!
花器の白い花のテクスチャと
生けた白いアジサイの一体感は
なんとも不思議で
まさに開花! という感じ。
ふわふわ、上品なデザインですね〜。

これ!!!!
このデザインが今回
個人的ナンバーワン胸キュンだったものです!
テーブルやプレート上に
コロコロと転がるパステルカラーなもの。
それはなんとマシュマロ!
うわ〜、通りで近づいたら
ほのかに甘〜〜〜いいい香りがしたのか〜。
淡い花と
ラブリーなマシュマロのコンビネーションは
乙女チック度全開で
ビジュアルでも香りでも
ズキュンドキュンと心を打ち抜かれました。
こんなアイデア、すてき過ぎます。


おまけ、きれいな花束

急遽行われることになったという
エルベさんのデモンストレーション。
悔しくも間に合わず……!
けれども作られた作品は
ばっちり展示されていたのでホクホク。
美しい花束2点でした。









第一園芸 × エルベ・シャトラン。
この提携により、
装花においては主要都市の新規ホテルへの出店や
既存ホテルへの新たな提案を進め、
フラワーショップ展開においては
第一園芸のもつ調達力を生かして希少品種や高品質花材の仕入などを行い、
既存店舗の充実を図っていく方針だそう。
今後の展開に期待!
そんなワクワク感を感じる
すてきなエキシビジョンでございました!!

text & photo by 植物生活編集部

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2017 kaika. All Rights Reserved