サイト内
ウェブ

生け込み拝見 イタリアンレストランを彩る花[オステリアウララ]

  • 2017年8月16日
  • 植物生活

メニューのないイタリアンに似合う花

オステリアウララは、東京・渋谷区猿楽町にあるカジュアルな雰囲気ながら、本格的なイタリアンが楽しめるレストラン。
ディナーメニューは決まっておらず、当日入荷した新鮮な食材をもとにスタッフと相談しながら料理をオーダーできるという、
新しいスタイルをとっています。
木材を用いた温かみのある内装で、壁は鮮やかなイラストで彩られている個性的な空間。
さて、この空間に似合う花は?
フローリスト・三嶋春菜さんが挑戦しました。

生け込み01 エントランスの花


メニューのない店ならではの新鮮な驚きをテーマに、見る人が「これは何?」とワクワクするような素材感の花を飾りました。
エントランスの上のスペースは厨房の手前なので、多少温度が上がっても耐えられる花を選んだこともポイント。
出入りが激しいエントランスのスペースはあまり枝が張り出したものにすると、人がぶつかったときに倒れてしまう場合も。
そのため、枝の張り出しには注意しています。
万が一のことを考え、営業中はブロックでフラワーベースを固定するなどの工夫もしています。

生け込み02 階段の花


2階のフロアに続く階段は、空調の風や厨房の熱の影響が少ない場所でもあるので、あえて花らしさを強調したフラワーデザインにしました。
1階から階段に行くまでは黒い壁に囲まれており、そこからラナンキュラス“ラックス”の華やかさがパッと目に入るしかけに。
甘すぎず、でも渋くなり過ぎないよう、グリーンの瑞々しさを加えて。

生け込み03 コリーナの花


コリーナは、空間が低い壁で仕切られていながら、オープンキッチンが望めるおすすめスペース。
ここには、オープンキッチンならではのライブ感に合わせ、ホーローのピッチャーに花をざっくりと。
スタッフが全員男性であることを意識し、かわいらしすぎる色合いの花ではなく、きりっとした印象のグリーンの花でまとめました。

text&text 月刊フローリスト撮影/西村和恵
フローリスト:三嶋春菜   Haruna Mishima
プロフィール:東京都出身。武蔵野美術大学卒業。大学在学中に都内の花店にてアルバイトをスタート。花の世界で生きていく決心をし、卒業後にfiore soffittaへ。現在、fiore soffittaの制作をすべて行っている。
fiore soffitta
http://fioresoffitta.net/
お店:Osteria Urara 
営業時間:ランチ  平日/11:30~14:00(LO)  土日祝/12:00~14:30(LO)
ディナー  18:00~23:00(LO)
座席数:1F20席 2F25席
定休日:火曜日
住所:東京都渋谷区猿楽町1-3 ユガテビル1F2F  
http://www.osteria-urara.jp

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright (c) 2017 kaika. All Rights Reserved