サイト内
ウェブ

2023年、美らSUNビーチにラグジュアリーリゾートがオープン

  • 2019年9月21日
  • 沖縄島ガール

沖縄・豊見城市(とみぐすくし)の「美らSUNビーチ」エリアに、2023年、「インターコンチネンタル沖縄美らSUNリゾート」が開業する。

「インターコンチネンタル」としては、恩納村(おんなそん)の「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」、石垣島の「ANAインターコンチネンタル石垣リゾート」に続き、沖縄県内3軒目。

「美らSUNビーチ」は、空港から一番近い白砂の人工ビーチとして知られ、整備の行き届いたアクセス抜群のロケーション。今後、ショッピングやレストラン、エンタテインメントの複合総合施設の開発も予定されていて、注目を集めるエリアとなっている。

デザインは、隈研吾建築都市設計事務所とHabitech Architectsの共同企業体が手掛ける。ホテル棟とヴィラウィングの2つの棟から構成され、開放感溢れる空間にインターコンチネンタルのモダンラグジュアリーを掛け合わせて、洗練された真のラグジュアリーリゾートを作り出す。

客室は全373室。ほか、4つのレストランやバー、宴会場やミーティング施設、温泉大浴場、リクリエーションセンター、インドア・アウトドアプール、フィットネス、チャペルなどの設備を備える。

那覇空港からのアクセスも抜群な、新たなラグジュアリーリゾートを体験しよう。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。