サイト内
ウェブ

デパートリウボウでタケヤリバッグの長期販売が実現!

  • 2019年9月12日
  • 沖縄島ガール

沖縄・那覇市の「デパートリウボウ」では、タケヤリバッグの長期販売を開始した。

「タケヤリ」は、1888(明治21)年に創業した、岡山・倉敷市の帆布工場。倉敷の帆布の半分以上を作る日本で最も古い工場となっている。

日本の山岳文化黎明期を支えた登山用リュック、職人の工具入れ、とび箱、体育館マット、帆船、トラックの幌、ベルトコンベアなどの生地を織り、日本の歴史と人々の生活に寄り添ってきた。タケヤリが作るバッグは、綿糸の整経から織布、検査にいたるまで工場で働く職人の手が紡いでいく。それぞれの工程に人の手が入るため、ぬくもりのある高品質の帆布が生産可能となる。

今回、デパートリウボウの1階で、タケヤリを扱うショップの長期出店が始まった。商品は、オンラインストアで人気の“撥水タイガー帆布シリーズ”をメインに展開する。

ビジネスリュックとしても使えるシャープなデザインの「撥水タイガー帆布 ボックスパック」(20,000円、税別)、財布や携帯などの必要最低限の荷物を持ち歩くのに最適な「撥水タイガー帆布 ワンショルダー」(12,800円、税別)、しっかり自立する構造で、カジュアルからビジネスまでどんなシーンにも対応できる「撥水タイガー帆布 トートバッグM」(9,000円、税別)、容量の大きいスクエアシルエットで、冬の厚着にも対応できる「撥水タイガー帆布 デイパック」(18,000円、税別)などが並ぶ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「撥水タイガー帆布 トートバッグM」

「撥水タイガー帆布 デイパック」

130年以上の歴史を誇る、オール・メイドインジャパンの帆布ブランド・タケヤリの人気シリーズを手にとってみよう。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。