サイト内
ウェブ

「ザ・リッツ・カールトン沖縄」のスパがリブランドオープン

  • 2018年6月14日
  • 沖縄島ガール

沖縄・名護市のリゾート「ザ・リッツ・カールトン沖縄」内のスパ「ザ・リッツ・カールトン スパby ESPA」が、7月1日(日)、「ザ・リッツ・カールトン スパ 沖縄」としてリブランドオープンする。

「ザ・リッツ・カールトン スパby ESPA」は、これまで、沖縄本島北部の「やんばる」の豊かな大自然の中でのトリートメントが体験できるスパ施設として人気を博した。

このたび、さらなる癒しと寛ぎの時間を提供するため、従来のトリートメントプロダクツやメニュー構成を大幅に見直し、琉球色豊かなトリートメントを堪能できるスパへと生まれ変わる。

「ザ・リッツ・カールトン スパ 沖縄」のシグネチャートリートメントでは、「天然精油とシークワーサーの精油をブレンドしたオイル」、フーチバー(よもぎ)や月桃(げっとう)、沖縄の焼き物「やちむん」など、琉球色溢れるプロダクツやアイテムを使った4種類のメニューを用意した。

「やんばる海風(うみかじ)-爽快に心身を清める-」(90分29,000円)は、沖縄の爽やかな海風が身体を吹き抜け、日頃の疲れやストレスを忘れさせてくれる爽快なトリート メント。ボディーマッサージには、天然精油に希少な沖縄産シークヮーサー精油をブレンドしたエッセンシャルオイルを使用。温かいオーシャンシェルを使って心身の浄化を促す。トリートメントの前にスパスイートでミネラル豊富な「シルクソルトバス」を味わえるのも魅力。

また、「やんばるの森 うくすん-目覚めのセレモニー-」(90分29,000円、60分20,000円)は、セラピストとともに行う深い呼吸で、精神を落ち着かせることからスタート。月桃をとり入れたトリートメントは自然の力を感じながら徐々に身体の再生を促す、オイルを使用しないドライマッサージ。やんばるの自然を感じながら屋外カバナで施術を受けよう。

そして、「やちむん フェイシャル-深いやすらぎと華麗なときめきが心を充たす-」(90分34,000円)では、異なる温度のオリジナルのやちむんを使い、刺激しながら施術することで、健やかな肌への新陳代謝を促す。トリートメントの前には、スパスイートでの琉球フラワーバスも楽しめる。

最後は、「フーチバー スカルプ-よもぎの香りに包まれて-」(60分19,000円)。昔から「邪気を払う」といわれているよもぎの優しい香りに包まれ、やんばるの自然に癒される時間を演出する。トリートメント前にはスパスイートで「よもぎバス」も楽しむことが可能。

また、従来の「エスパ(ESPA)」トリートメントも、2種類のザ・リッツ・カールトンオリジナルアロマオイルから、その日の体調や好みに合わせて選択ができるように。

新しく生まれ変わる「ザ・リッツ・カールトン スパ 沖縄」で、究極のトータルウェルネスを体験しよう。

キーワードからさがす

日本自然保護協会×緑のgoo

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

日本自然保護協会×緑のgoo
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。