サイト内
ウェブ

【音楽】CharaのMVに友人・満島ひかりが出演!

  • 2017年8月13日
  • 沖縄島ガール

ミュージシャン・Charaのニューアルバム『Sympathy』の1曲目「Tiny Dancer」のミュージックビデオに、沖縄出身の女優・満島ひかりが出演している。

「Tiny Dancer」は、Charaが作詞、くるりの岸田繁が作曲&サウンドプロデュースを手掛けた楽曲。2年ほど前からCharaが大事に温めてきた歌詞テーマが、岸田の手により、ようやく曲として完成した。

Charaと岸田繁(c)笹原清明

同曲のミュージックビデオに満島が出演。1年半前に、満島のラジオ番組にCharaがゲスト出演したことがきっかけで2人は親交を深めてきた。

今作は『Sympathy』というタイトル通り、Charaと共感・共鳴したゲストミュージシャンやクリエイターを多数迎え、ミュージックビデオに満島が出演するという、まさに“共鳴コラボ”となっている。

満島は「学生の頃からCharaさんの愛に満ちたオーラが大好きでした。劇中のヒロインや、愛を唄う女性たちに憧れていました。あの頃の、ピュアなドキドキにまたつかまれた1日の撮影だったけど、苦しいも悲しいも楽しいも愛おしいもあって、『僕は、楽しかった』と終わりに言ってくれた監督の顔が、いい顔でした」と振り返る。

そして、「Charaさんへ送る、私たちからの『小さな態度』です。いつもありがとうございます」とコメントを寄せた。

撮影は7月中旬に都内のハウススタジオで行われた。撮影を担当した山田智和監督は、「“愛したことは真実 私が置いていく物は、小さな態度 心を揺さぶるような あなたへの愛だけ”と歌われる歌詞、岸田さんが奏でた繊細な音を、丁寧に辿たどりながら撮影。半年間共に過ごした彼女(満島)が、『真実』という花言葉を持つ白い菊を置いて部屋から消えてしまうストーリーを、山田監督自らがカメラを回し、満島さん本人と向き合いながら映像に収めていきました」と語った。

このミュージックビデオに関して、Charaは「2人のクリエイターの男女の共鳴を楽しみにしていました。ひかりちゃんが引き受けてくれて良かった。心の表情豊かになるよ。これを見た人はみんなありがとう」とコメント。

共鳴して集まった女優、音楽家、監督の豪華コラボレーション映像に注目が集まる。

【満島ひかりコメント全文】
すてきに完成して良かったです。
山田監督から届いたコンセプトには、男の人の幻想みたいな女の子が描かれていて はじめは、どうしたもんかと思ったのが正直なところでした。
だけど会ってお話をした時の、山田さんのピュアな想いにどきどきしてきて
私は、学生の頃からCharaさんの愛に満ちたオーラが大好きでした。
映画の中のヒロインや、愛を唄う女性たちに憧れていました。
あの頃の、ピュアなどきどきにまた掴まれた
1日の撮影だったけど、苦しいも悲しいも楽しいも愛おしいもあって
「僕は、たのしかった」と終わりに言ってくれた監督の顔が、いい顔でした。
Charaさんへ送る、私たちからの「小さな態度」です(照れ)
いつもありがとうございます

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。