サイト内
ウェブ
緑のgoo 10th Anniversary 緑のgoo 10th Anniversary

EV充電を遠隔制御 関電、日産、住友電工が実証実験

  • 2018年1月12日
  • 産経新聞

 関西電力と日産自動車、住友電工は11日、電気自動車(EV)の充電を遠隔制御する実証実験を始めたと発表した。充電時間帯を電力需要の小さい時間帯に合わせてコントロールするなどし、電力の需給調整に役立てるのが狙い。関電の事業所などが所有するEVやプラグインハイブリッド車(PHV)計60台を対象に、2月末まで実施する。

 家庭や企業の蓄電池などをインターネットでつなぎ、需給を調整するバーチャルパワープラント(VPP、仮想発電所)の実用化に向けた取り組みの一環。EVの充電を遠隔制御する実験は全国初という。

 実験では、関電と住友電工が共同で開発した遠隔制御機器を活用。3社のサーバーを連携させて機器に信号を送り、電力需要が大きい時間帯の充電を強制的にストップさせるなどし、実際にどの程度の電力量を調整できたのかを検証する。検証結果は将来EVが本格的に普及した際、調整力の予測などに生かす方針。

 VPPをめぐっては、各地に点在するEVや太陽光発電、蓄電池などの再生可能エネルギーの充放電をIoT(モノのインターネット)技術を用いて制御し、一つの発電所のように機能させる仕組みづくりを国が進めている。

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
Copyright(C) 2018 産経新聞社 記事の無断転用を禁止します。