サイト内
ウェブ

「ズッキーニ」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

  • 2019年12月2日
  • NUKUMORE

最近スーパーで見かけることも多くなってきた、キュウリに似ている「ズッキーニ」。塩とオリーブオイルで簡単に炒めるだけで美味しい一品になる、とても重宝する野菜なんです。種まきから収穫までの過程を、写真付きで分かりやすく解説します。

k10_p20_main_1_1575008117

ズッキーニとは?(特徴)

キュウリのような見た目ですが、分類上はカボチャの仲間です!
つるは伸びないのですが、大型の葉が広がります。茎が中空で折れやすいので注意しましょう。つるなしカボチャと呼ばれることもあります。

【基本情報】
・ウリ科
・栄養/βカロテン、ビタミンK、ビタミンC、カリウム、カルシウムなど
・性質/25~30℃ほどの環境を好む 肥料切れに注意
・病害虫/ウドンコ病、ウリハムシに注意
・連作/3年は不可

種まきと収穫のカレンダー(適した時期)

■種まき:5月頃 ■収穫:7~8月頃 k10_p20_map_8_1575008229 ※野菜作りにはそれぞれに適した時期があります。
※このカレンダーは、関東地方を基準としたものです。関東より暑い地方や寒い地方で栽培する場合はこのカレンダーを目安にした時期の調整が必要です。

育て方

1.タネをまく
ポットに培養土を入れ、1箇所に1粒タネをまきます。2cmほど土をかけてからしっかり押さえ、水をたっぷり与えます。 k10_p20_flow_1_1575008263 2.保温する
25℃前後が発芽適温なので、ビニールなどで覆って発芽まで保温します。 k10_p20_flow_2_1575008271 3.発芽
タネまきから5~6日で発芽します。発芽後も本葉が4~5枚になるまでポットで育てます。 k10_p20_flow_3_1575008280 4.土を準備する
植えつけの2週間前に苦土石灰をまいて、よく耕します。1㎡あたり100gが目安です。 k10_p20_flow_4_1575008307 5.うねを作る
植えつけの1週間前に、1㎡あたり堆肥3~4kgを入れてよく耕してうねを作ります。 k10_p20_flow_5_1575008324 [マルチングは早めに]
この時期にマルチングをすることで、地温を上げて根づきがよくなります。その後の成長も早くなります。 k10_p20_map_1_1575008368 6.植えつける
根鉢を崩さないようにポットから取り出して、植えつけます。その後は根元をしっかり押さえて水を与えます。 k10_p20_flow_6_1575008404 [寒冷紗であんどん]
株が大きくなるまでは、寒冷紗であんどんをしましょう。ズッキーニに多い、ウリハムシの被害から守ることができます。 k10_p20_map_2_1575008442 7.追肥を与える
植えつけてから2週間後には、株元に追肥を与え土寄せをします。 k10_p20_flow_7_1575008448 8.支柱を立てる
長いつるは強風で倒れやすいため、支柱を立てて誘引します。 k10_p20_flow_8_1575008465 [これって病気?]
葉脈に沿って銀白色になるのはズッキーニの葉の特徴です。ただし、葉全体が白くなるのはウドンコ病なので注意しましょう。 k10_p20_map_3_1575008499

収穫する

10~15cmになったら収穫しましょう。 k10_p20_flow_8_1575008527 ★「巨大ズッキーニ」
収穫をせずに放置しておくと、ズッキーニはどんどん大きくなります。大きくなったズッキーニは鉄板焼きや天ぷらにしましょう。 k10_p20_map_4_1575008662 ★丸い品種もある!
少し珍しいものでは、丸いズッキーニができる品種もあります。作り方やポイントは普通の品種と同じです。 k10_p20_map_5_1575008686

ズッキーニのいろいろな品種

■「ダイナー」
少ないスペースでも栽培が可能な緑皮ズッキーニ。多収も魅力です。 k10_p20_map_6_1575008600 ■「オーラム」
濃黄色の果皮が鮮やかな品種。草姿は完全なつるなしです。 k10_p20_map_7_1575008616

家庭菜園のレシピをもっと見たい方におすすめ!

「1年中楽しめる家庭菜園 野菜作り百科」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんの野菜作りのレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。 k10_book_1575008735

あわせて読みたい

キーワードからさがす

gooIDで新規登録・ログイン

ログインして問題を解くと自然保護ポイントが
たまって環境に貢献できます。

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。